« 手痛いミス | Main | 短答応用答練② »

February 24, 2005

計算ばっか、バテました。

経済学応用答練 応用からは最初はミクロだけなんですね。どうも、大原初めてなんで一年のサイクルがよくつかめません。でも、ミクロだけでこっちとしてはラッキーでした。出来た出来ないは別として。
一問目50点~60点くらい。分数の計算が出来ませんでした。小学校へ戻らなきゃいけませんね。いったん、勘違いした先入観をその場で是正するのは至難の技ですね。なんで、一発目の計算は慎重、丁寧かつスピーディーにやらねばなりませんね。4点の問題を3問落としました。政府が補助を出しているにも関わらず、補助前の効用よりも下がった答えが出てきた。これは絶対おかしいと思いながらも、(何度やっても原因わからず、分数の計算をミスっていたとは全然気付かなかったです。これは反省材料です。経済も原計とある部分いっしょなところがあって、最初の前提ミスるとガタガタガタってきますから。
二問目32点 問2がほぼ全滅でした。全微分の計算がまだよく分かっていませんでした。今日でしっかりものにしておきました。一問目も後半は手がつけられなかったのでしっかり復習しておきます。

ステップ原計応用⑥ 65点くらい(理論が何点来るかによる)
減損が一定割合で発生して純粋先入先出の非度外視でやるあれです。ずーっと前にやったきりでしたが、何とか覚えていました。なのでここは全問正解。但し、一箇所勘違いしてしまったところがありました。減損がランダムで発生するため減損点が不明であるというケースで、迷わず度外視法で解いてしまいました。解答欄に正常減損を答えさせているにも係わらず。迷わずゼロにしておきましたよ。全くのアホです。その場の空気読めないというか、常識はずれというか。しかも、ちゃんと問題文には全て非度外視法でやることとの指示がありました。弁解の余地なし。ミスしたことは大きな問題です。しかし、それと同時に上記ケースにおいて、あ!?平均的発生の状況だな、と思いつきすらしなかったボクが明らかに悪い。試験後、先生に確認しに行きました。そもそも、平均発生とは規則正しく、安定的に発生するのみではなく、ランダムに発生して、特定の発生点が見出せないときも正に平均発生そのものであることを確認しました。
あとは期待利得の計算で完全ではない情報を買うことによる情報の価値の論点について、多分、今まで2、3度はやたことのある論点でしたが、全く理解していなかったので全く解けませんでした。これはしっかり出来るようにします。

今日は朝から計算ばっか。答練後もステップ原計基礎Ⅱ4を解き、ミクロの一般均衡を解いてました。今日はマジ疲れたなー。帰りには傘がないのに雨が降ってくるし。

明日は原計応用③です。出題の一つに標準原計がありますのでどれだけくらいつけるか試してきます。但し、熱くなりすぎないように注意しないと。凶悪な問題の場合があるかもしれませんので。何せ、2回目が四捨五入を抜かし散々でしたので、借りは返します。

|

« 手痛いミス | Main | 短答応用答練② »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/3064342

Listed below are links to weblogs that reference 計算ばっか、バテました。:

« 手痛いミス | Main | 短答応用答練② »