« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

短答の成績

★答案回収★

大原短答応用③
簿記 8点  822番 上位60.9%
財表 12点 558番 上位45.4%
原計 8点  1210番 上位77.4%
監査 12点 1100番 上位69.7%
商法 14点 438番 上位37.4%
合計 54点 934番 上位50.3%
成績がガクーンと落ちました。商法がそこそこ取れていなければ大変なとこでした。財表、監査は正直どうでもいいのですが、特に原計が取れなさすぎですね。簿記で差をつけ、原計で守らなきゃ勝負になりません。かろうじで一次目標にギリギリ届くのがやっとでした。その後の直対①ではさらに散々な成績が待っています。②では何とか歯止めかけねば。

TAC短答チャンピオン②
簿記 16点 200番
財表 16点 472番
原計 4点 3211番
監査 14点 874番
商法 18点 164番
合計 68点 924番 B判定

同じ日に受けて母集団が大原の2倍多いTACの順位と大原の順位がほぼ同じなのは不思議な感じですが、低い方が自分の実力だと認識しなきゃいけませんよね。TACは一応去年受けていましたから、多少、問題の出し方とか分かっているのかもしれませんね。解きやすいというか。だからなおさら、大原のは全て初見ですから、そこでいかに点を取れるかが重要ですね。でも、難しいっすが。特に簿記は。

ステップ簿記応用⑮ 84点 55番 上位10.6% 
多分、今までで最高の順位だと思います。常にこれ以上の成績を取りたいものです。
ステップ原計応用⑧ 66点 121~185番 上位35.1%

簿記応用⑤ 64点 380~447番 上位76.4%
簿記の2時間答練では過去最低の成績です。マイナス項目に△を付さなかったことでも何点か失点していました。大いに反省すべき答練でした。点の取り方や時間配分やその他もろもろについて

経済応用② 79点 218番 上位75.5%
経済応用③ 88点 220~240番 上位84.8%
経営応用① 70点 320番 上位67.8%
うーん、いずれもヒドイ。

明日は経営学応用答練④です。一応、準備はそこそこしました。投資論はしっかり点を取りたいです。多分③がまあまあの出来だったはずなので。


| | Comments (71) | TrackBack (0)

March 30, 2005

貸引も取りにいかないと

帰ってきてテレビ着けたら日本快勝!!とのテロップが。一体何対何で勝ったんだ。え!?1対0?しかも、オウンゴールかあ。勝ってよかったでが、日本快勝はちょっとオーバーですよね。いくらなんでも。ホントは今日は早めに帰ってきてリアルタイムで観戦しようかと思っていたのですが、話聞いたら4チームのうち2位に入ると自動的に出場決定、3位でも敗者復活があるらしいじゃないですか?こんな低いハードルは軽く越えられるはずだろ、と思い夜まで自習してました。

簿記計算答練②特商を解きました。
原価率はあっさり出ましたが、満点は取れず、ちょっとだけ貸引が複雑になると慎重に取り掛からなきゃいけないなということを痛感しました。しっかりした下書き用紙を書くことが重要です。売掛金の破産更正債権が出てくるとややこしくなるので。
あとは減価償却費、単純に集計ミスをしました。累計額は合っているだけに何で間違ったか不明です。

ステップ原計応用⑤を解きました。設備投資のとこだけ。平均点が極端に低い問題でしたが、今日解いても、全く点が取れませんでした。何か、日本語がうまく伝わらないんですよね。ボクの日本語力不足なんですが。
とりあえず、運転資本のところは、どんな問題の問われ方をされたとしても、特段の指示がない限り、基本形を押さえておくことにしました。それに取替え時の旧資産の売却に係るタックスシールドが必ずしも1年目末に計上するわけではないことが分かりました。よく問題見ると現時点が1年度期首ではなく0年度末になっていましたので。設備投資は一箇所でも間違えるとNPVは絶対合いませんから厳しい問題ですが、解き方は確立してきました。

商法短答、商行為、総則の肢別がやっと一回転しました。まだ取締役会、監査役が残っていますが、いい加減、財表に移行します。

明日は経済応用⑥マクロで気が重いところですが、何とか食いついていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2005

熟成光麺全部のせ

かなりの長文を書いていたのですがエラー発生によりデータが喪失。今日はなぜだか手が異様に疲れ、体力的にバテたので(もう年だな)もう一回同じものを書く気力がありません。

ステップ応用簿記⑱68点 ミスをいっぱいしました。平均入るのでやっとだな。

★らーめん食べ歩き★
P1000101今日は光麺というお店に行きました。前に行ったことはあったのですが行列の割りには普通、それがボクの印象だったのでそれっきりでしたが、久々に行くとなかなかうまかったです。熟成光麺全部のせ980円を頼みました。以前とは違って、具と麺、スープが分離されていました。看板も多少変わっていました。儲かっているんでしょうな。ランチサービスに限り杏仁豆腐が無料ということだったので、こいつとプラスして史上最強プリン400円を頼みました。両方まずまずでした。でも400円はちょっと高いかな。
P1000100

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2005

商法短答あと少し

今日は自習デイでした。
簿記応用答練③連結を解きました。やっぱ時間的にかなりキツかったです。ミスも結構しました。

○持分法の連調で20年償却とあるのになぜか10年でやっていた。
○前期以前に自己株取得による持分の増加に伴う事実をクイックに反映していなかった。
○利益による資本組入れで組み入れ以降の年度において適正な処理をクイックに反映していなかった。あれだけ、問題用紙に注意せねばと書いていたのに、クイックを書くときには忘れていました。慌てすぎですね。
○受手を求められているのに、売掛金の相殺消去仕訳も含めて集計した。

ただ、一回目は全然でしたが、多少、内容を分かった時点で解いてみるとまたいくつかの発見がありました。
自己株式が連結B/S上は親会社だけのものとなる流れや、持分法適用会社の株式を売却したときの個別B/Sの金額から連結B/Sの金額に至るまでの過程とか。
まだ努力が足りません。連結もやり込みをしていかなければ。

原計計算答連③設備投資をやりました。応用答連やステップに比べれば楽な問題なのですが、設備投資の意思決定の論点での年々のCFの算定は何となく見えてきました。今後は自信を持って解いていけそうです。超ハイレベルな問題は無理でしょうが。

夕方以降はずっと短答商法をやっていました。やっと機関は終了、但し、肢別はまだ。加えて商行為、総則に突入しました。結構進みました。運送営業、旅客営業、寄託を残すのみです。明日じゅうには片付けます。これで、商法はやっと一回転できるのでもういわゆる一問目(41問)の問題が出来ないというのは言い訳になりません。残りの短答答練は平均で9問、守って8問を目指します。まだ、財表、監査は全く手着けていないのでさすがに少々焦ってきていますが。答練でも財表、監査はボロが出始めてきていますので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2005

短答直対①

うーん、過去最悪でした。
簿記2問(5問しか解けず2問正解、勘はゼロ)
財表5問
原計2問(6問解いて2問、勘はゼロ)
監査7問(8問解いて7問、勘はゼロ)
商法7問
合計23問

簿記と原計が全くでした。その前に反省しなきゃいけないのはホント、アホなミスを3問したことです。簿記2問目で売上純額とあれだけ頭に入れておいたはずなのに、答えを算定するときにはいつの間にか売上総額を算定するんだろ?って頭になっていました。もう一度、確認すべきでした。ただでさえ、点が取れていないのにこれは痛いです。
原計で資本回転差異と営業利益率差異はちゃんと出たのになぜか違った答えに○をつけていました。去年の短答本試験の悪夢が思い出されます。これに気付いたときはさすがに気力が失せました。情けなすぎて。
商法で正しいものを選べなのに、誤ったものをピックアップして四つの肢を見た段階で答えてしまいました。4つの肢の正誤はあっていたので、当然正解するわけはありません。これをやっちゃ、また去年の二の舞だなあ。答えに○をつけるとき、10秒考えることを義務付けて次の答練を受けます。

確かに、ボクにとっては今回の簿記も原計もすごくハードでした。10問以上も目を通せない問題がありました。一個もまぐれ当たりがありませんでしたが、当たって少しはマシな点数になったとしても意味が全くないのでこれはこれでいいのですが、でも点が取れなさすぎです。財表はともかく、簿記、原計がひどすぎです。

ちなみに、こないだ受けたタックの直前答練①は

簿記7問(7問解いて6問、まぐれ1問)
財表7問
原計5問(7問解いて5問、まぐれ0問)
監査6問(9問解いて5問、まぐれで1問)
商法8問(9問解いて8問、まぐで0問)
合計33問

簿記はそこそこ納得いく出来だっただけに(ここでも、車両の購入代価求められているのに、取得原価を答えるというミスを犯しましたが)今回は非常にきつかったです。多少、解きにくい問題もあり、一問当たりにかかる時間も明らかに多かったです。なぜなら、大原の答練は自分が出した答えがない場合がすごく多いからです。なかなか次の問題にすんなり行くほど勇気がなくて一問にかなりの時間を取られます。まだまだ実力不足ってことでしょうね。今日はさすがにあまり気合はいらなかったので早々帰ってきました。今日は旨いもの食って、明日から仕切りなおしでがんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2005

やり込み

ステップ応用①を解きました。新年早々のステップだったのにまんまとスケジュールに入れていなくてリアルタイムで解けなかった問題なのですが、いつかやろうやろうと思って、やっと今日やりました。逆進の問題で推定が多く、面白い問題でした。あと3問はプラスで取りたかったところです。でも、今日の問題はタメになりました。もっと早くやっときゃよかったな。

○相変わらず受手に割引手形(裏書手形)が含まれているのかいないのかゴチャゴチャになってしまいました。B/Sであてば有無を言わさず割手は控除ですが、T/Bの段階では会社の自由ですから。
○新株予約権が行使され、自己株式が一部代用される場合(自己株式処分差額は区分して表示せよとの指示あり)にボクはいつも新株部分と自己株部分をきっちり分けて仕訳を切るのですが今回は行使価額、新株予約権の発行価額部分がきっちり区分できなかった、つまり端数が出た。うーん、何か違っているのかなー疑心暗鬼になり結局、かなりの時間をかけて飛ばしてしまいました。でも、そのまま解いていれば良かったわけです。四捨五入をして何食わぬ顔で解いていけば。
○あとは貸繰の表示ですね。P/L上は営業債権か営業外債権で貸繰を区分するし、たとえ、破産更正債権であっても、営業債権に係る物であれば販管費へ。一方、B/Sは流固分類で。なので貸繰と貸引の表示が一致しない場合があるので注意です。

こないだ、簿記の講師の先生がおっしゃっていたのは、「オレは受験生の頃はやり込むタイプだったからなー」ということでした。今、ボクも簿記をやり込んでいます。ものすごく真剣に。ただ、何となく解くのではなく、スピードと正確性を時間を特に意識して、自習と言えどもめいっぱい集中してやり込んでいます。壁にぶち当たり、それを打破するための現時点での回答。それはやり込みです。最近はまだまだやり込みが足りなかったことをまざまざと痛感させられます。そして、やりこめばやり込むほど確固たる自信へと変わります。簿記に関してだけ言えば、やっと一瞬、光が見えてきたかなという感じです。原計はまだまだです。理由は簡単。やり込みが足りないのです。

明日は短答直対答練①です。前回が散々だったので必ず借りは返します。特に簿記で。欲を言えば原計も。財表と監査は最低6問くらい取れればいいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2005

くんたまちゃーしゅー

経営応用③よく分かりませんが結構出来良さそうです。あまり論点はずしがなかったので。投資論以外で初めて平均は超えれるかなといった感じです。今日は何故か論述していて楽しかったなー。

簿記応用答練⑤二問目を解きました。でも、やっぱり原価率は出ませんでした。ボックスの記入で一箇所だけ間違ってしまいました。試用の戻りで対照勘定法なのに三分法(都度法)のやり方で戻りの原価分を仕入れ勘定に加算するようにして算定してしまいました。対照勘定法だと試用品と言えども、ずーっと仕入れ勘定で計上して期末に試用品原価部分を試用品に振り返るだけですから、もともと仕入れとして計上してあるものにさらに加算する必要は全くないです。頭がごちゃごちゃになっていました。その他の個別論点は二回目ということもあり、パーフェクトでした。時間を気にしてなるべく早く正確にをモットーとしてやっております。ちょっとだけスピード上がってきましたよ。

★らーめん食べ歩き★
P1000094今日は久々に新宿まで遠出してらーめん食べました。どうしても、竈(かまど)というらーめん屋に行きたく昔よく行ったあの場所にいったら店がない。潰れたのか?そんな訳はないことは分かっていました。渋谷のらーめんスタジアム?にも出店しているし、テレビでも特集されていたし、言わずと知れた人気店ですから。しょーがない、近くの本屋へ行き、場所を知れべたら、そんなに遠くはなさそうなので歩くことにしました。多少迷いましたが、何とか着きました。場所は変わっても、新宿がやはり本店らしいです。くんたまちゃーしゅう、しょうゆ味(ふつう)中盛950円でした。
P1000093それと今日は苦労して店にたどり着いたので、何となく達成感があって、くんごまプリン200円とちゃーしゅうめし200円(のところ100円でした)を追加で頼みました。らーめんもご飯もプリンもムチャクチャうまかった。ちゃーしゅうは小ぶりだけど、枚数が多くすごくやわらかいです。麺も中太で悪くないし、スープもうまかった。ちゃーしゅうめしはたまーにご飯にちょびっとだけのっかているセコイちゃーしゅうではなく、どっさり乗っていて味もしっかりしていました。これで100円は安い!!オレはすごーく旨いと思うのに竈は知人にはあんま評判よくないんだよな。特に女性には。なので知人と行くならやっぱ麺屋武蔵がベストなんだと思っています。すげー並びますがそれはそれで悪くないとも思いますし。竈は久しぶりに行って思いの他、旨かったので近いうちにまた一人で行ってくることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2005

簿記は誰にも負けん!!

ステップ原計応用⑩ EVAに関しては出来ました、といっても、問題の指示どおりに解くだけですが。ただ、一問目の全部原計、直接原計の各データについて、与えられている資料(各差異やら標準限界利益やら)から推定させる問題は5点しか取れませんでした。標準利益なのにてっきり標準限界利益と勘違いして20分ほど計算していました。とけねーと思い、資料良く見たら、ボクが勘違いしていることに気付きました。残り10分、ジエンドです。絶対解きたかった問題だけにすごく悔しかったです。でも、典型的、かつ準進的な問題はそのまま解けばいいですが、ちょっとひねりが入って、逆進的な問題はものごどとの本質が分かっていないと解けない場合が多々あります。まだまだ甘いというところでしょうか?

経済応用答練⑤
うーん、全然解けませんでした。二問目、しょっぱなが出来ないとほとんど壊滅の問題で、そのしょっぱなで計算ミスをおかしました。中学生でも出来る計算をミスってしまったのは全く情けない限りです。一問目の穴埋めが唯一できたくらいでしょうか。今回もまた上位80%くらいだな。

簿記ステップ応用⑥を解きました。最近は時間とスピードに注意して解くようにしています。前回受けたとき、完璧に復習していなかったのでいい機会でした。けっこう、ためになる論点がいっぱいありました。試用品(都度法)の戻りも要注意であることが今更ながら分かりました。ちょっと原価率の算定が複雑になります。あとは委託販売、買付、受託販売、買付のB/S上の表示を改めて確認しておきました。あと積送品販売で売上計算書の荷為替取組額をまんまと考慮してしまいましたが、考慮すべきではないこと、なぜなら、荷為替取組時に既に処理済であるからということも確認しておきました。まだまだ、細かな論点を網羅し切れていないことを痛感させられます。でも、スピードも正確さも段々上がってきたような気がしています。

大原は日曜祝日以外は講師の先生がいつでも質問に応えてくださるので大変助かっています。論点の質問以外でも、どうしても簿記だけは誰にも負けたくないので、講師の先生に戦略的な相談をしたりもしています。簿記なら簿記のエキスパートにどうやって、成績上位に食い込めたのかを聞かせていただくことは有意義な時間です。いい意味での刺激にもなりますし、今日は今まで以上に簿記は誰にも負けん!と心に誓いました。他愛もない話に付き合ってくださった先生、どうもありがとうございました。

ステップ簿記で思いのほか時間がかかり明日の経営応用答練③の準備がからっきし。風呂入ってから勉強し、朝も時間作って臨みます。経営は成績が芳しくないので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2005

2ビンシステム

監査論応用④商法会計と監査総論から。出来はまずまず。何箇所か凡ミスをしましたが、20~30%には入れそうです。多分。監査は予想外で①~③までそこそこ成績が良かったものですから、ものすごーくプレッシャーがかかりましたが、何とか切り抜けられました。大きく論点を外した箇所もありませんでした。まあまあではないでしょうか。今まで商法会計監査はあまり得意ではなかったのですが、今年はあまり抵抗がありません。

簿記の計算答練①の本支店会計を解きました。いやー、この頃が懐かしい、論点も今となってはすごーく楽です。あれから数ヶ月経ってますので10分余りましたが、それでも100点は取れませんでした。

ミス
○合算P/Lの仕入れ(売上原価)で内部利益を控除し忘れました。常に、ボックス図には内部利益を明示しておくようにします。この結果、当期純利益も当然間違えました。
○支店の当期純利益の計算で(支店の本店勘定の次期繰越額の算定のため)貸引戻入益を集計し忘れました。
○さらに貸引関係で本店は貸繰が発生し、支店は貸引戻入益のみが発生している状況でそのまま総額でP/Lに反映させました。会計単位は便宜的に区別されているとは言え、一つの法人であることには変わりないので当然に、本支店の売上債権を合算し、前T/Bの貸引残高も考慮したうえで、貸繰を再計算する必要があるわけです。

現在、ボクの家ではバス、トイレ用品等の在庫について2ビンシステムを導入しています。原価計算のABC(活動基準じゃない方)でちょー重要な製品はどんなに在庫費用がかかろうが、必要在庫を確保し、中程度のものは経済的発注量により最適在庫を決定し、重要ではないものは2ビンシステムを採用するとあります。例えば釘などは常に2つのビンを用意しておいて一つが切れたら、補充し、常に2ビンある状態にしておくということらしいですが、バストイレ用品も常に現在使用中のものも含めて2セット用意しておくことにしました。そして、一つがなくなると二週間に1回程度無いものをまとめて買いにいく予定です。ミューズ、アタック、エマール、ファミリーフレッシュ、剃刀、ラックス、ティッシュ(5箱入り)、トイレットペーパー、バスクリン、植物物語(3個入り)は予備の1セットが容易されています。

明日が経済(マクロ)応用⑤です。マクロはミクロ以上に気が重いです。まーとにかく頑張ります。経済学は現在、ミクロ計算特訓をゆっくり時間をかけて解いていまして、3月中にはカタをつけるつもりです。そして、それかたマクロに手を着けて全答練までには最低、マクロで平均は死守できるよう頑張ります。ミクロは上位30%を目指します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

ステップ簿記応用⑰43点。もう少しとらなきゃ。残念。
○ミス
自己株式取得の際の手数料を何の疑いもなく取得価額に含めていました。何をやってんだか。
支払いリース料、前払いで期中支払い(3月決算で10月1日に支払い)で利息を一年分未払い計上してしまいました。
為替予約(振り当て処理)で利息の調整とするのは直先差額のうちの当期に属する部分なのに直々差額を調整してしまいました。

○タメになったこと。
割賦商品の戻り(対照勘定法)期中に処理してしまうケースがやっと分かったこと。
元利金に為替予約が付される場合は利息の未払分は予定取引として扱うこと。
土地の整地費用(使用前)は資本的支出として取得原価に含めること。

こんな感じでしょうか。正直、今、簿記に関しては壁にぶち当たっています。インプットはほぼ終了。これはどうにもならんという論点はほとんどなし。ただ、思ったほど点に結びつかないし、取れるべきとことろが取りきれていません。この壁を打ち破るには、まずは練習量に裏打ちされた正確なスピード力、あやふやな論点がまだまだあるということ、時間配分を適切にすること、取るべきところと捨てるべきところの取捨選択、不必要に慌てないことかな。これらはほとんど初見の答練でしか能力が磨かれないので一問一問大切によく考えて解いていきます。論点の正確さとスピード力は自習において磨いていきます。そして、この壁を必ず打ち破ります。そしたら、必ず簿記、上位10%以内が見えて来るはずです。

風呂入って気になる点調べてたらドバドバッと謎が解けました。
○繰延積送諸掛費はF/Sで商品や、首、当、末に含める必要はないが、繰延仕入諸掛費はその必要があること。
○新株予約権(取得者側)の行使は有価証券の保有目的の変更に準ずると憶えていましたが、そうではなくて売買で保有していたら、評価額を計上し、その他なら取得価額で振り返る(テキストに載っていました。勉強不足なり)と理解していた方が紛らわしくない。
○土地の整地費用について。本問は新しい建物を建てるために土地を整地するわけですが、どうも、このような場合は整地費用を土地に含めるんですね。取り壊し費用についても同じことが言えるみたいです。建物を取り壊し新建物を建設する場合はそれに伴う取り壊し費用は制度上、費用計上するらしいですが、建物を取り壊し土地を整地して新たに建物を建設する場合はその取り壊し費用は土地の取得価額に含めるということです。
何か頭のモヤモヤが解消したので気分がいいですが、一応、講師に確認だけはしておきます。


★らーめん食べ歩き★
P1000092飯田橋の大勝軒へ行ってきました。いつもはもりそばなので今日はちゃーしゅーめん930円を頼みました。味は「うーん?」、といったところです。大体は予想できたんですが、いや、ここは違うかもしれないという期待が何故か大勝軒にはある。でも、やっぱり一緒でした。大勝軒系のらーめんは今まで何度か食べましたが、全て麺とスープのバランスが悪すぎ。麺ばっか。だから、味が薄くてしょうがない。スープ自体がものすごく薄いわけではないのですが、割合としてどうしてもそうなってしまう。食べ始めであればあるほど。でも、もりそばはうまいんだよなー。今後はやっぱり、もりそばだけにしておこう。でも、半年も経ったらまた、凝りもせずらーめん食べたくなるのかもしれませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2005

スピード不足

簿記応用答練1問目連結40点、二問目本支店32点。全然借りが返せませんでした。
連結はゼロ連結の論点。初めて聞く論点。親会社が直接子会社に出資はしていないが、役員の出向等(本問では社長が直接出資するパターンでした)により影響力基準から連結に含める場合は親が出資していないんだから、親の所有割合はゼロで、少持が100%でした。知らん顔してどうせ100%子会社なんだろって感じで解いていたら結果
的に24点もっていかれました。うーん、しょうがないっす。うすうすいつもとは違う匂いが解いていてプンプンしたのですが、そこまで頭が働きませんでした。でも、こういう知恵こそ重要なんだけどな。特に本問ではこの前提間違えるとかなりの痛手を被ります。こないだのステップも連結対象見事に間違えて点がほとんど取れなかったし。

その他はまずまずですが、二箇所ミスりました。いずれも集計のミスです。これはおおいに反省です。

たいして点が取れない割りには二問目に行くまでに70分が経過していました。二問目は結局、問題は最後まで読めず、最初に商品の重いところやったので、個別は結構残してしまいました。明らかに時間配分の失敗です。どうも、二時間答練だと、最初に解いた問題に固執する悪い癖がありまして。いつも二問目は一問目以上にボロボロな場合が多いです。これは大いに反省材料です。一問目は5分は残すようにしないと。よほどの事がない限り。二問目見て、最後にまた戻ってもいいわけですから。本支店は勘定連絡を一箇所ミスりましたのでガタガタガタっときました。ほんと恐ろしいです。たった一箇所の記入ミスで商品絡みのところの7割は間違いとなりました。慎重に行かなければいけませんね。時間がないもんだから焦ってボカスカ、ミスも連発しました。本支店はしばらく解いていなかったのもありますが、連結も本支店もスピード不足は否めないことを痛感しました。とにもかくにもスピードには需要があります。今後はより早く解くことを念頭にがんばってみます。単に早いんじゃなくて、いかに効率的にミスなく問題が解けるかを追及していきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 20, 2005

まだまだっすよ。

ちょっと気になったので標準で原計応用③と④の対応関係を図るため、③を解いていました。さらに理解が深まりました。

それ以外は今日はミクロと商法短答のみしかできませんでした。ミクロは毎日計算特訓最低でも1時間は時間かけたいと思います。商法はやっと、資金調達が終わり、残すところ、機関のみです。あ、あと商行為、総則もありますが。そろそろ、財・監行かないとなー。

明日は簿記応用答練⑥ 簿記は最終回。前回は不本意な成績だっただけにベストパフォーマンスを発揮せねば。

最近はやたらコエンザイムって言葉が溢れていますよね。流行るのがあと半年遅ければ流行語大賞にノミネートされるくらいの勢いで。あとは、サントリーなっちゃんのCMで元祖なっちゃんの田中麗奈が戻ってきましたよね。うーん、まだまだっすよ、と言っていたあの頃が懐かしいっすね。あの頃はまだオレも若かった。ケツも青かった。今もまだまだっすが今を精一杯生き抜きます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 19, 2005

初回より点が悪いとは

昨日の原計応用答練の標準のところ、やっと何となく理解できました。でも、ちょっと捻られて類似の問題が出されたとき対応できるかは不明ですが。いやー、ほんとに奥が深いですね。

簿記計算答練④の特商のところを解きました。やっぱり原価率出ませんでした。理由は他店商品券の処理が分かっていず、売上がピタっと出なかったためです。それに12月に受けた一回目よりも点が下がっているとは何とも情けないものです。てっきり、繰延積送諸掛はP/L上、首、末、当仕に含めるもんだとばっか思ってましたが、どうも違うようです。月曜日確認します。あと、やっぱり、試用の買取意思表示が実はあった(未処理)のときのUKの増加忘れるんだよなー。これは相当な反省箇所です。あとは、積送の売上計上で例外で純額表示だとあれだけ頭の中では思っているのに、手が総額に動いていました。致命傷です。熱で脳がやられたかな。凡ミスはそれくらいでしょうか。

ミクロは超スローペースで計算特訓をじっくり解いています。何回分か解き終えたら、もう一度、ビデオで講義受けなおすことにします。1.5倍速あたりで3回分くらい。

商法短答は今週初めて勉強しまして予定を大幅に遅らせていますが、明日までには商行為総則、役会、監査役以外は終わらせます。早く監査へ移行しないと。明日は経済と短答デイにします。原計とか簿記もやりたいところだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2005

なかなかうまくいかんもんだ

ステップ簿記応用⑯連結除外に関する問題。連結除外が何たるか分かっている人にはハイレベルという割りには楽な問題だったのかもしれません。ただし、ボクは連結除外が何たるか分かっているつもりだけだったので、全然点が伸びませんでした。最大の論点は期末に連結除外となった企業の財務諸表の連結対象範囲がきっちり把握できているかどうかにかかります。B/Sは合算しないが、P/L、CF計算書は通常通り連結の対象とする必要があります。ボクは全て対象外にしてしまったので、連結B/Sはほとんど合っていましたが、その他の連結財務諸表は当然合いませんでした。でも、これを機に新規連結と連結除外をしっかり把握しておけたのでよかったです。

原計応用④まさに散々でした。3割くらいしかいかないなー。設備投資の意思決定で、赤字期の場合のタックスシールド考慮しなかったのでアウト。よって、当然NPVもIRRも合いません。設備投資はホント厳しい問題だ。合っていればほとんど勝ちでしょ。満点かほぼ零点のどっちかだから。得意のはずの標準もさっぱり。復習していたけど、なんであーなるのか今だ分からず。明日、質問に行ってきます。ABCの問題もおそらくどっかで計算間違いしたのでしょう。最終数値がピッタリ合いませんでした。なので、集計箇所の欄は全く埋めませんでした。そこにボカスカ採点振られていたので真っ青です。今後は気をつけなきゃいけませんね。どこに採点振られているか分かりませんので。簿記では気をつけていたんですが。今日はもう散々ですね。ただ、設備投資の意思決定さすがに分かってきました。多分、今後の答練であと二回くらいは最低出ると思いますが、きっちり取りに行きますよ。まあ、そういっているとまた、標準みたいに難しい問題出るのかもしれませんが。

★らーめん食べ歩き★
P1000091系統としては新年以来のとんこつらーめんを食べました。福のれんというお店です。何かどこたらじゅうにあるような。水道橋近辺で3軒は知っています。2,3年前にこのお店探していて何とか辿りついたはいいけど、家にうまく帰れずとんでもない方向に行って迷子になってしまいました。蒸し暑い夏の夜でした。その頃の味を今でも覚えてはいませんが、今日食べて、あー、こんなもんだったっけかなーといった感じです。頼んだのはらーめん、めんかた、替え玉(かため)合計730円でした。たまにはとんこつもいいーと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2005

ミスするかしないかの勝負

ステップ原計応用⑨意思決定からプロダクトミックスの問題とNPV法vsIRR法でした。50点~55点くらいかな。一見、難しそうでしたが、中身はいたって簡単(計算は)、でも、やっぱりミスをしました。

ミス
○最適生産量のXとY反対に目的関数に代入してしまいました。それで出た差額が1,234,500となりまして、ちょっと金額大きいけど、間違う要素など微塵もないと思い込み確かめをしませんでした。一問で済んだのでまだよかったですが。

○CIFは二年目から発生しているのに資本コストを1年分しか割引ませんでした。でも、懐疑心のある人なら気付かなきゃいけませんよね。おや、簡単すぎるぞと。わざわざ解の公式なんぞも問題に引用されているし。全く気付かず、合っていると確信して解いていました。全滅です。15点マイナス。

ほんと、原計はある程度いくとミスするかしないかの勝負なんだなってことが痛感できます。最近のボクのステップがまさにそうですから。ほとんど負けているので何とかせねばなりませんね。今日は下書き用紙比較的にきれに書けたんですが。

ただ、シャドープライスが何たるか分かりましたし、プロダクトミックスに関してはかなり理解が深まりました。

今日は原計の短答レクチャーの問題を解いていましたが、なかなかおもしろい。でも、一問あたりにかかる時間はやっぱ結構かかりますね。特に設備投資の意思決定の問題は無茶無茶時間がかかる。13分かけて結局答え出ませんでした。近似値で運よく合うという感じでしょうか。

明日が原計答練、③よりは上位に入れるようがんばります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2005

短答チャンピオン②37問目

が昨日の夜からこびりついて離れず、TACへ質問しに行きました。肢は発見した違法行為の内容とこれに伴う損失の発生の可能性についての開示が適切になされていない場合は不正及び誤謬に準ずるとあり、○(正しい)となっている意味が分かりませんでした。委員会報告書では開示が適切にされていないことが重要な虚偽の表示の原因となる場合には不正及び誤謬に係る取り扱いに準ずるとあります。それに、何で委員会報告書の文言をそのまま引用してきているのに一部だけわざわざ削除する意味がわかりませんでした。しかも組み合わせ問題ではなく、個数問題。これを間違えれば、他が全部当たっている方はぶっ飛んでいるはずです。

この肢の正解の理由は重要な虚偽の表示の原因となるかならないかを問わず、開示が適切になされていないという時点で逆にとれば開示の必要性が生じていたのであり、重要な虚偽の表示の原因かどうかの判断基準はありえないというものでした。

今日教えて頂いたことも踏まえて家に返って大原のテキストを見るとしっくりきました。すごーくグレイだけど確かに、この肢間違っていないと思いました。11号の18で言っているのは会計処理に影響を及ぼさず、かつ次期以降の財務諸表に影響を及ぼすかどうかで不正及び誤謬に準じて取り扱うかどうかを判断するというものです。でも、これ以降の分岐がないんだよなー。明日朝一で大原の講師に質問してきます。単なる負け惜しみですがね。

★答案回収★

ステップ簿記応用⑫81点上位30.9%以内88~157番
ステップ簿記応用⑬40点上位37.2%以内60~121番
ステップ簿記応用⑭40点上位32.5%以内77~148番

簿記はだいぶ調子上がってきましたよ。でも、10%以内はキツイなー。基礎期ならまだしも、受験者数激減だもんなー。でも弱音を吐いている場合じゃないので引き続き10%以内を目指します!!

ステップ原計応用⑦45点上位56.0%以内232~297番
例の営業利益をちゃんと出せなくて40点飛んだあれです。たらればはナシですが、これがなきゃ成績優秀者。正に天国と地獄。でも、これが勝負ごと。肝に銘じねば

原計応用答練③77点上位29.1%以内205番 (送付されてきた個人成績表により)
財表応用答練③44点?!上位88.9%以内493~534番以内 恥を知れ恥を

特に二問目の1、後入先出と基準棚卸法を比較しなければいけないのに最終取得原価法を記述しました。アホです。60点中5点しか来ず。二問目の2、ファイナンスリースの原則と特例処理を問われているのに、ファイナンスリースとオペレーティングリースを比較してしまった。40点中5点しか来ず。内容はそう大差ないのですが、言い訳無用ですね。1問目も平均を下回っています。要復習です。

監査応用答練③109点上位36.0%以内139~207番
二問目は平均を大きく上回り、一問目が平均を若干下回りました。一問目に出題された他の監査人、専門家の業務の利用、内部監査等は準備できず。残念。

商法応用答練④117点上位36.2%以内147~205番
第二問目の新株発行差し止め請求の問題で主要目的理論がテキストを違う言葉で論述したのですが、ちゃんと評価していただけたみたいです。二問目に関しては久々の高得点でした。

経済応用答練①66点上位74.5%以内203~230番
うーん、なかなか点が伸びません。そんなの当たり前だ。時間かけてないもんなー。特に先週は短答商法ばっかで。
でも、経済学も少なくともまず、平均行かないと話しにならないので一日必ず計算特訓一時間は解くようにしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

死兆星まだ見えず

気合で3度熱を下げました。朝起きたら36.5度まで下がってくれていたのでステップを受けに大原へ

ステップ簿記応用⑮税効果からでした。頭が回らないかなと思っていましたが、ここ最近に比べ、かなり解きやすい問題だったので80点とれました。一応二次目標到達ということなので体調の面も考えれば上出来でしょうか。

ミス
○親会社の評価差額に係る繰延税金負債を固定の部に集計したこと。
○欠損金の税効果で当期の法人税等調整額は当期に欠損金として使用した額だけから計算するはずなのに当期に繰延税金資産として計上すべき金額と同額を計上してしまいました。
○有価証券評価損益を有価証券運用損としたこと 確かに新株予約権行使による株式購入の際の評価差額の計上は売却損益ではないはずですもんね。いちいち分けて考えていました。ハナッから間違えていましたが。

受けてよかったこと
○法定実効税率の出し方を確認できたこと。
法+1+住+事/1+事ですね。ひょっとしたら短答あたりで出てもおかしくないので知っておいて損はないですよね。去年の税理士試験でも問われてたみたいですし、短答も来年からの3次試験廃止に伴い多少、実務色の反映した問題を出してくるとも限りませんからね。

何はともあれ一日でカムバックできたのはすごいラッキーでした。どうも、ボクには未だ死兆星が見えていないようです。今夜はきれいな夜空とはほどとおい状態でしたが。数年に一度39~40度を3月~4月にかけてひいてしまうのですが、今回は薬に頼らず、己の自己修復機能に頼ろうと思っていました。薬でだましだまし、長引かせるよりはすぱっと一日かけて治しきろうと思っていたからです。それに熱が出るのは身体が一生懸命、ウィルスと戦っている証拠と聞いたことがあります。なので、その戦いを苦しみながら見守っていました。
ただ、一日の遅れは事実なので、ボクの一日の勉強時間だと8時間くらいなのでペナルティーを加えて10時間、朝早く行くことで取り返します。曜日ごとのいつも行く時間の一時間前には行くようにします。それを10日間続けます。いつ決行するかは明日の朝の調子次第で決めるつもりです。無理してブリ返してしまっては意味がないので

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2005

39.5度

今日はずっと家にいました。朝5時くらいに目が覚めて何か調子が良くないと思い熱を測ったら38度でした。今日はしばらく休んで午後から勉強しに行こうかと思っていたら昼ごろには39.5度まで達していました。昨日までは普通だったのに。ちょっと、昨日無理したのかもしれませんね。早く直して今日の遅れを取り戻します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2005

神は全てに平等だ

今日は短答三昧

大原短答応用③
簿記 4問(7問解いて4問正解)
財表 6問(10問解いて6問正解)
原計 4問(6問解いて4問正解)
監査 6問(10問解いて6問正解)
商法 7問(9問解いて7問正解)
合計27問 

過去最悪戦略ミスは否めません。
簿記が悪すぎるのはかなりショックでした。ちょっとヤバイと思い、短答用の明確な戦略を練り直すことにしました。一番問題なのは取れるべきところが取れてないことです。これの改善が短答攻略に直結します。

TAC短答チャンピオン②
簿記 8問(9問解いて8問正解)
財表 8問(10問解いて8問正解)
原計 2問?!(6問解いて2問しか正解せず)
監査 7問(10問解いて7問)
商法 9問(9問解いて9問正解)
合計34問

戦略の変更骨子

○解く順番は商法→財表→監査→簿記→原計とする。
理由は一問当たりにかかる時間と過去の自分の得点状況(本試験の)を勘案した結果です。
○理論で一問に固執せず、解きにくい、さっと解答出ない問題はバッサリと飛ばす。
○一時間経ったら、たとえ、理論が数問残っていても、平然と簿記に以降する。
理由は今日の大原答練で理論に時間をかけすぎるとせっかくの計算に多大な弊害が被ることを改めて痛感したからです。これは去年の短答本試験でも同様でした。理論で時間かかってしまった、計算急がなきゃ、一番ミスをする状態であり、精神的にも圧迫した中で解かなきゃいけない。それだったら、充分に時間を確保した上で落ち着いて計算を解いた方がいいと思いました。特に本試験では簿記は一番の得点減たりうる科目なので。それに残っている問題は解きにくい、さっと解答が出ない理論問題なわけなので時間をかけても正解できるかどうかは不明、だったら、先に計算の簡単な問題を解いて落ち着いたところで理論の難問に取り掛かるほうがいいでしょう。
○最後15分は残す。これは理論の残っている数問を解くための時間です。当然、計算の進行状況、理論の残っている問題の度合いによりますが。

これは帰宅してから改めて練り直したものですが、三番目の戦略は今日のタックの答練で実行しました。落ち着いて解けました。短答で一番重要な時間帯、当然ですが、しょっぱな、それと大事なのが、計算科目の入りだと思っています。いかに落ち着いて簿記を軌道に乗せられるかが午後のボクの課題でした。
簿記・・・解けなかった一問は知らない論点でした。ただ、授業ではちゃんとやっているし、テキストにも書かれていたんでボクの勉強不足ですが。
商法・・・今回の一番の課題は商法だったんですが、商行為、総則はからっきし、でも、自分がちゃんと勉強したところだけを取ってみれば、正答率は9割を超えました。
財表、監査・・・短答用に何もしていない割には上出来だと思います。来週から二週間かけて、この二科目はマスターしますよ。でも、まだ商法終わってないんだよな。
原計・・・全くもってヒドイ!!論文は何とかついていけてるんですが、短答はからっきしですね。始めの頃は全科目で一番良かったのに。敗因の一つに原価計算基準の問題が難しくなってきたこと。さっぱり当たらなくなりました。あとはまだまだ細かい論点理解していないことがありありと分かりました。簿記は特別、短答対策は要らないと思いますが、原計に関してはボクの場合は絶対必要ですね。今後の最重要課題です。原計は。

今日を通じて間違えて理解していた計算の論点が何箇所かありました。それが分かったこと、それと、短答の明確な戦略を打ち立てられたのでハッピーな一日でした。

にしても大原、タックの答練共に、勘で応えたのが10問以上ありますが、今回に関しては一個も当たりませんでした。やっぱ神は人には平等に機会を与えるんですね。前回の大原答練②で当たりすぎましたんで。

P1000090明確な方針がたったところでまた明日からがんばるぞ、という気合を込めて久々にピザを頼みました。ドミノピザで今日まで限定販売というトリプルミルフィーユ、海のグルメMサイズ2600円。トリプルミルフィーユとは3枚のイタリアンクラストにトリュフクリームチーズとカマンベールミックスチーズを挟み込んでいるらしいのですが、食べ応えはありましたが、うーんという感じでしょうか。伊勢えび、ずわいがに、あわびがのっているはずなんですが、カニばっかだったなー。まー、たまには贅沢してまた明日から頑張りますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2005

短答モードに移行せねば

簿記計算答練①を解きました。5分オーバーでした。ダメっすね。まだまだスピードが足りません。

ミス
法人税等は珍しく出たはいいけど、中間納付分を控除していなかった。

ちゃんと理解していなかったところ
○中間配当の直接処理の未処分利益勘定がうまく理解できていなかった。中間配当の日のに既に未処分利益を減額しているのでそれを反映させないといけませんね。但し、中間配当積立金取崩額は期末で。
間接法だと、中間配当時は未処分利益を通過しないが、結局、期末で振り返るのでそれを反映する必要あり。基本的なことですが、まだまだです。

○備品(定率法)の取得原価を累計額から推定させる論点で、ものすごーく時間かかりました。ポイントは(1マイナス償却率)を掛けていけば簿価が算定できるわけだから。累計額とその簿価を足せば取得原価になるんですよね。

商法かなり時間かかりますよ。まだ、新株発行、合併、吸収分割、減資、機関、商行為総則と盛りだくさんで残っております。早く片付けて、来週は財表やって、再来週は監査やって、直対期に臨まないとヤバイので。そこそこのレベルまで短答の全科目を引き上げとかないといけませんね。何せ、短答落ちたらシャレになりませんので。

明日は短答答練。特に商法がんばりますよ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 11, 2005

ポーターを何にも分かっちゃいない

経営学応用答練②昨日、一生懸命勉強した企業再編分野全く出題されず。ささーっとテキスト流し読みした部分を書いてみましたが、ほとんど点が来ないでしょう。いつもどおり、上位60%~70%辺りだと思います。でも、復習はみっちりやりますよ。特にポーター。ボクはポーターについて何にも分かっていないことが判明しました。うすうすは分かっていましたけど。戦略グループが何かも書けませんでした。てっきり、同一市場で競争している同業主企業だと思っていました。でも、市場よりもポーターなのでどこにポジショニングするかの観点で考えなきゃいけないのですよね。前提が間違っているから、全然、的外れのこと書いたりしました。あと、SCMについてもいまいちだったなあ、まあ、テキスト見てないのにテキストどおり書けと言われてもボクの知識じゃ無理ですが。定義を何となく書くのでやっとです。ただ、上級、応用共に出題されたところはしっかり復習したいと思います。TACの全答練までにはかなりの確度で完成させたいので。

簿記ステップ基礎Ⅰ③を解きました。10分残して84点。初見よりも点が悪いのはショックでした。ミスは貸し引きの計算で相殺適状し忘れたことです。スタート直後あれだけ注意しなきゃと思っていたのに、原価率が出た段階で息を抜いてしまいました。
あとは割賦商品、対照勘定法の前期戻りが完璧に理解していませんでした。今日はとりあえず本問のパターン(期末に評価替えするにとどめるパターン)を理解しました。その他のやり方、ケースは明日確認します。
重要なのは対照勘定法はどういう記帳法なのかを理解することですよね。未だ回収が完了していない段階なので売上計上はされていない。よって、商品の払い出しもまだである。つまり、既存の期末商品簿価と回収価額の差額は評価替えを行うことにより調整するというイメージでしょうか。なので、本問のパターンでは、何事もなかったかのように(返品商品は回収不能ではなく未販売と考える)処理して、最後にB/Sの商品を取崩、戻り商品損失分だけ振り返る。つまり、棚減等がない場合にはB/S商品とP/Lの期末商品は戻り商品分だけズレることになります。
本試験では恐らく、ほとんど重要性がないのかもしれませんが、商品売買は会計士受験生としては完璧にしておきたいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2005

下書き用紙も丁寧に

ステップ原計応用⑧計算55点/80点 理論は5点/20点くらいだと思います。事業部間の振替価格の論点(ほとんど経済学の問題)とJIT生産方式関連の問題でした。致命的なミスはなかったので平均には入れそうです。戦略的観点から結構課題が残りました。

○まだまだ点を取ることに貪欲になりきれていない。事業部振替価格の最後の問題、時間が足りず市場価格1450円のときの企業全体の利益を白紙で出してしまったのですが、違っててもいいから、何か答えを埋められたはずです。たとえば、本社が数量調整したときの全体利益とか、市場価格850円のときの全体利益とか(本問ではこれが正解でした)。結果論かもしれませんが、最後の30秒、白紙の理論を埋めるのは不可能に近いですが、数字なら何か関連するとこを埋められるはずです。場合によってはあてずっぽでも可。そういう習慣をつけて行きたいと思います。

○下書き用紙が汚すぎる
どうしても、慌ててしまうばっかりに下書き用紙が汚くなる。ものすごーくきれいに書くのがいいとは言えませんが、やっぱり、確認に使う際、解答用紙の転記ミスをなくすにはある程度、見やすく書けるように心がけたいと思いました。それに焦っている瞬間にもう精神的に負けているのかもしれません。もう少し、どっしり、落ち着いて問題を解けるような器量は大切なのかもしれませんね。スピードと丁寧さ、このバランスが結構難しいですが、今後は下書き用紙にも注意して問題を解いて行きたいと思います。

経済学応用答練③ちゃんと出来たのは外部性のとこだけ。なので良くて80点/200点くらいだと思います。復習あるのみです。

明日は経営学応用②、論点としては一番、ボクが好きなところなのでがんばってみます。好きと解けるは別ですが。M&Aと企業提携を中心に一応確認しました。それ以外だと自分の知識で勝負です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2005

ジンチョウゲの香り

今日は答練もなく自習のみでした。土日以外では珍しいです。簿記は一通り、インプットは終了(建設業、帳簿組織、伝票はまだ)したので、またステップとか計算答練とか基礎的なところを解きなおしてます。結構、ハッとすることが多いんですよね。銀行勘定調整表の論点やら、商品在高帳やら。いー短答対策にもなりますし。まんまとやられたのは売上戻りなんですが、商品在高帳のデータから原価で売上、売掛を減額しました。これで、売上は合わない、貸繰合わない、法人税合わないといった感じになりました。普段、売上戻りなんて売価以外で出てくることなんてありえませんからやられてしまいました。それとまたもや過年度社債発行差金償却見逃すとこでした。特損の空欄が出たら、迷わず過年度社債発行差金を疑わなきゃいけないですね。大原だけかもしれないけど。

明日は経済学応用③なんですが、いかんせん、商法短答に時間かかりすぎてしまい、なかなか準備不足で微妙ですが、頑張ってきますよ。短答は合名、合資、株式、有限、商法特例法まで1回転しました。土曜日までには全部はギリギリといったとこでしょうか?でも、今までよりはかなりいい成績とれるはずですよ。

三月も中旬、まだまだ雪が降ったり寒い日が続きますが(昨日、今日は別)、ジンチョウゲの香りがするようになってきましたね。なぜかこの香り大好きなんですよね。あー、春もすぐそこまでなんだなーと思わせてくれるものですから。何かと3月は卒業やら新学期やら就職やら節目の時期なので、ガキのころはまた来年度がんばろーと思ったものです。過去をリセット。また一から勝負ということで。最近は3月が節目とはあまりなりえない環境で生きてますけど、何だかんだでもう春なんですねえ。ボクの勉強もずーっと今まで種を蒔いてきました。春と同時にその種がいっせいに花を咲かせるはずですよ。まだ種がたりないところは種を蒔き、よりきれいに咲かせられるような手段を精一杯考えて実行していきますから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2005

簿記ステップ応用⑭

簿記ステップ応用⑭在外支店、在外子会社、在外関連会社からの盛りだくさんの問題。個別の論点は基礎的なものばかりですが、解答が連結FSを求めていたので4つの法人を全て考慮しなければならないのでなかなか点が取りづらい問題でした。自己採点だと44点でした。平均か、もうちょいいいか、そんな感じでしょうか。今回は点を取りに行きましたよ。まだまだ課題も残りましたが。

○ミス
在外支店では未達の情報が与えれれていて考慮したが、問題には後TBが与えられていたため未達の考慮は必要なかったこと。→情報を的確に判断する能力が欠けていますね。

在外関連会社の持分法適用仕訳の配当金のところで、借り方を持分法による投資損益としたこと。これは単に理解不足です。

在外子会社の土地の換算にHRを用いたこと。資本のイメージが取り除けませんでした。当然CR。親と相殺する場合はHRですが。

○戦略的なミス
本問は全面時価でしたが、小問で部分時価の場合の少持と土地を算定させる問題でしたが、ハナっから解きませんでした。でも、一分もかからず2問とも正解できる問題でした。今回は土地はHRで換算してしまっていたのでどっちにせよ不正解ですが。ただ、問題を一通り見ないといけないなーというのが今日の最大の反省です。しかも、最初に見る以上に、一通り問題に触れて解答を埋めた後にもう一度、何が問われているかを見直すことが重要だと思いました。

簿記は今後も戦略的にベストパフォーマンスが出来るように解答をしてみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2005

室中八策

簿記応用答練⑤まさに散々たる成績。一問目44点。二問目32点。一問目はともかく二問目の出来の悪さは過去最高かもしれません。一問目はおそらく平均くらい。二問目は上位70%くらいしか行かないと思います。もっと悪いかも。ミスったのも何箇所かありました。でも、それ以上に解答を空欄にした箇所が多すぎました。まさか、こんなところに点は振られていないと思うところに結構ありました。単に写すだけみたいなところに。明らかに戦略ミスです。今後、こんなことがないように特に簿記に関しては最初の五分以上に残り5分を大事にします。残り5分をかけて穴がないかさーっと見回すということです。現時点で分かる範囲で答えを埋める(たとえ、他の論点の考慮の必要性から答えが違っていたとしても。最近は配点箇所が明らかに判明する答案形式が本試験では多いですが、後TB書かす問題が出ないとは限りませんから。正直、原価率の算定はともかくとして、その他、ピンと来ない論点はほとんどありません。あとは時間内にどれだけ高得点を取るかの勝負になります。スピードに関しては問題に慣れること、答練を解き返すことである程度でつきますが、高得点の取れる嗅覚を磨くのは初見の答練しかありません。なので、1回1回を大切に戦略を立てて臨んでいきます。

さすがに今日のはちょっと応えたのでこれはイカンと思い、以前作らなきゃなと思っていた、試験心得八か条(既に五ヶ条は決めていたのですが)をまとめました。

~室中八策~

一.以下の七か条を守ること。
二.試験に臨む際には脳へのエネルギー補給と体操をしてから。
三.試験に臨む際にはミス帳を見ること。
四.平常心を保ち、集中する。(計算機や筆圧がうるさい人がいた時こそ、自分がヒヤリと思い、気をつけること。
五.下書用紙、問題用紙への記入(特に数字)は丁寧に。
六.最初の5分は戦略を立てる時間。最初の2分で大問の選択。次の3分は選択した大問の求められている解答と問題を一通り見ること。
七.問題文は時間をかけてもいいので丁寧に読むこと。
八.最初の5分以上に最後の5分を大事にすること(特に簿記)

アホらしいですが、今日、願書受け取り、本試験が徐々に徐々に近づいてきています。気を引き締める思いでつくりました。

明日のステップ簿記から戦略的に問題を解きたいと思います。そして、いろいろ実験していきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2005

短答商法時間かかりますな。

昨日はちょっと寝るのが遅くて、今日は昼から自習を開始しました。経済学と商法やりたかたのですが、商法、有限会社のとことで精一杯でした。この調子だと、次の短答答練までギリギリ間に合うか間に合わないかですね。気合入れないと。でも、何とか有限は終わりましたのでよしとします。(有)の企業再編のところはまだですが、(株)の企業再編のところと関連させて進みます。

明日は簿記応用⑤です。次は20%以内狙います。ほんとは10%以内行きたいですが。

またF1のシーズンが始まります。ビデオで見ましたが、レギュレーションが大幅に変わったんですね。正直、ここ数年変更されすぎで戸惑いますが、シューマッハがリタイアしたのはショックだったなあ。慣れるまでこの違和感はぬぐえませんが、しっかり、今年は見ていきますよ。

あ、今日もまた、らーめん半額のやすべえに行こうと思ったんですが、都合により休みます、ということでした。明日はさすがにやっていると思うので、また行ってきますよ。貧乏人の味方万歳!このご恩はきっと返しますよ。
あ、あとドトールのミラノサンドC(テリヤキチキンとバジルの~)、あれ相当うまいっすね。お金に余裕があれば毎朝食べてもいいくらいっすね。
P1000089あ、あとカップラーメンで断然うまいと思うのが、まるちゃん麺づくり鶏だし塩です。これは麺もいいし、スープも完璧。前に一度近くのドラッグストアで100円で売っていたので一つ買って食べたのですが、これがすごくうまかった。次行ったときはもうありませんでした。今日行ったらたまたま、またもや100円であったので、この機会を逃すまいと3つ買っておきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2005

効率的な暗記(今更ながら)

去年のアクセス簿記41を解きました。個別CF(精算表からみ)を解きました。分かってなかったのは一箇所だけ。売上債権に為替予約(振り当て処理)を付し前受収益を営業収入算定の際に考慮してしまったことです。あとは前期貸倒も考慮していませんでした。売掛、受手、前受金は当然考慮するとして、前受収益も思わず加減算して営業収入を出しました。でも、為替予約時の為替差損益は当期発生売掛金と期末残高との整合性を保つ上で考慮しないとバランスしませんが、直先差額の前受収益の振替は単に直先差額のうちの来期以降に帰属する部分を資産、負債に振り分けているだけなので何のCFを生み出していないのですね。なので、予約時の為替差損益の調整で営業収入は終わりです。間接法の為替差損益の調整の意味とか、前受収益、前払費用の増減に関してはまあまあ分かっているつもりなのですが、直接法に関してはまだまだ甘かったです。精算表も一応、内容だけ確認しておきました。まずは最終値合わせてから時間があればくらいにしか考えていませんが。
ミスったのは借入と返済が同一会計期間にある借入金で借入の支出しか考慮していなかったことです。次、気をつけます。

商法短答は特例法を二日かけて一回転させました。ほんとは有限までいきたかったのですが、まあ、明日がんばります。でも、何故か根拠のない自信ありますよ。商法に関しては。短答と言えども単に暗記じゃなくて、理解することもさることながら、木を見ると同時に森を見ることが重要だと今更ながら気付きました。要は関連するところをまとめて理解し相違点をしっかり把握するということです。個別的にがむしゃらに暗記するのではなくて。人間って実は憶える能力は途方もなくすごいんだけど、思い出す(脳のタンスに蓄えた記憶をタンスから引き出す)能力が貧弱らしいです。なので、まとめて憶えて、これは一緒、これはここが違うことを明確にしておけば記憶を引き出すアプローチが何重にもできるわけですね。効率よく記憶できる人ってこの能力が抜群らしいですね。関連づけて憶える能力が。結局、個別では記憶が曖昧でも、他の力を借りて確固たる肢を選択できるわけです。確かに勉強の際にはこれと関連するところはどこだっけと探すのに時間が結構かかりますが、今年はこれでいきます。曖昧にまとめて憶えてるとむしろ自爆する場合があるので、共通点、相違点はしっかり把握しておきます。これは論文にも役に立つし。

★らーめん食べ歩き★
P1000088水道橋近辺もほとんど行きつくした感がありますが、今日はつけめんやのやすべえに行きました。3月いっぱいは開店記念ということで何と半額でらーめん、つけめんをご奉仕してくれます。にしても3日とか1週間ならまだしも一ヶ月とは。多分3日に1回は行く予定です。今日は辛味みそつけめん(780円のところを390円)を食べました。ちょい辛のみそ味であまり食べたことがないつけめんですがなかなかうまかったですよ。すーっと行けました。あと、相当食べに行きますので今度はらーめん食べてみます。昼時に行ったのでさすがに少々混んでましたが、席数が多いし、つけめんやにしては回転率かなりいいです。水道橋の特性から平日の方が混むのかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2005

演習、反省、改善

簿記ステップ応用⑬アナウンスメント通り、膨大な問題量と解答量の問題でした。連結とは言っても、まず3つの会社の連結に先立つ修正、親会社は決算整理未済につき決算整理をしてからなので到底、連結まではたどりつけませんでした。関連会社の処理もさっぱりです。38点しか取れませんでした。多分、平均いかないでしょう。焦っているとはいえ、やっぱりミスを何箇所かしてしまいました。
在外子会社のタイムテーブルを書く際にちゃんと計算した連結剰余金を転記ミス、それと評価差額を記入せず。これで為替換算調整勘定、個別の連結剰余金残高、連結調整勘定償却額にまで失点が転移しました。焦っているのはしょうがないことですが(特に本問では)、これをミスっちゃいけません。特に在外子会社などでは為調についつい気をとられるから忘れたわけですが、演習量が足らず、タイムテーブルの書き方が習慣化していない証拠ですね。

新たに気付いたこと。
今更ながらですが、懸念債権の貸引(CF見積方)の算定ですごーく時間のかかる計算方法をしていたことが判明しました。でも、新しいやり方だと単年度も早く計算できるし、前期から設定して当期に貸引の取崩の際にも効果が発揮されるので、今日は収穫がありました。それに、年2回利息のある場合の処理も、今日はまんまと見落としてしまったので、今後気をつけます。解き方もあやふやなところがあったのでこれでバッチリです。
税効果に関しても四窓方式の使い方が段々身についてきましたので後は練習あるのみです。

今日のような問題では、凡人じゃ到底、最後までいきませんから、いかに点の取れるところを嗅ぎ分けて、確実に点を取れるかの勝負だと思います。正直、まだまだ簡単に点の取れる余地のある箇所で解答を埋められない部分がいくつかありました。それに上述のごとくミスもありましたし。ほんと、簿記はいろんな意味を含めて演習、反省、改善あるのみですよね。

経営学応用①
あんま出来がよくありません。リッカートのシステム4をフィードラーの状況好意性理論と勘違いしました。いかにちゃんと把握できてないかの現われです。連結ピンを書かなきゃ。連結ピンを。あとは知らないところはほとんど書けず、知っているところは、半分くらいかなー、普通に書きました。多分、今回も平均は到底行かなさそうです。でも、今日はちゃんと復習しました。応用答練全4回が終わるころには、そこそこ全論点、頭に叩き込みます。TACの全答練でもそこそこいい点取らなきゃいけないし。

明日は自習デイです。経済学と商法短答(委員会等設置会社と有限会社を重点的に)をメインに頑張ります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 03, 2005

このミス一生忘れません

ステップ原計応用⑦予算編成、ABCでした。予算編成はこないだの応用答練とほぼ同じ、よって全問正解。ABC、製造間接費の計算がピタリと決まり計算完璧、理論も平均くらいかな、これで上位20%はもらったな、いや、成績優秀者かも、と思い解答見たらABCの計算全滅でした。理由、各製品ごとの単位当たり粗利の計算なのに、販売価額から製造間接費しか控除していなかったのです。つまり、直材、直労の控除し忘れ。よって、伝統的な計算のところも全滅。30点がそぎとられました。今回のABCは論点が難しいということはなかったのですが、指示を細かく見ていかなきゃいけないということ、それと計算がものすごく多かったです。コストプールが10個くらいありました。久々でした、こんな計算機叩いたのは。ついつい、この計算を解いてやることに夢中になりすぎてしまいました。多分、今まで過去におんなじ間違いしていたのかもしれません。でも、その記憶がないというのは、あー間違ってたんだ、と素通りしていたのでしょう。復習もせずに。多分、製造間接費の計算を間違ったんだな、今度は気をつけようくらいにしか思っていなかったのかもしれません。ひょっとしたら、今回みたいに製造間接費合っていて解答の前提が間違っていたかもしれないのに。でも、今日の間違いは一生忘れませんよ。そして、一生この間違いはしませんよ。早く気付けてよかったと思ってますよ。

経済学応用答練②
うーん、まだまだっすね。パレート最適を使うと、競争均衡を楽に出せる場合があることの理解、差別価格全般、独占企業の固定費用に関わる論点、ゲーム理論全般、やることがいっぱいです。

明日は経営学応用答練① あんま準備できなかったなー、でも気合入れてきます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2005

商法、点が来ない!

監査論応用③を受けました。一問目はそのた実施論から。ほとんど手をつけてない論点ばかりからの出題でした。でも、まあまあ何とか書けました。平均くらいはいってそうです。二問目、報告論からでした。これは平均は上回っていそうです。基本的な論点が多かったので、特に書くことはありません。憶えなきゃいけないところは憶えるだけですので。

★答案回収★
簿記ステップ応用⑩ 36点 上位62.1% 231~256番
簿記ステップ応用⑪ 32点 上位66.0% 285~346番
原計ステップ応用⑥ 67点 上位26.0% 106~136番

簿記イカンですなー。ただ、ほぼインプット完了したこれからが勝負です!!

簿記応用答練④  140点 上位37.0% 137~221番
商法応用答練③  71点  上位61.2% 289~363番
思っていたより点が取れず。ちょっと納得いかないのでこれから、原因分析してそれでもなぜ点がこないか分からなければ講師に相談しに行きます。趣旨は合っているはずなのに点が来ないのはボクの答案の書き方に問題があるからなのかもしれませんので。それなら即刻、修正しなければいけないから。特に商法は2回目、3回目と予想をかなり下回る点しか来なかったものですから。

監査応用答練②  140点 上位11.9% 19~67番
不思議なもので去年あれだけ悪かった監査論がそこそこ点を取れるようになってきました。
あと、5点取っていたら成績優秀者ですよ。まあ、今回はたまたまですが、これからも頑張ります!

経済計算答練⑤ 64点 上位83.7% 215~232番
ただ反省するのみ。
経済学は絶対、オレの名誉にかけて極めてみせます。今日のミクロ計算特訓を解いている最中、決めました。

経営上級答練③ 71点 上位82.7% 294~324番
一問目は平均でしたが、組織関係論、投資論(この当時は)全く解けず。
経営上級答練④ 110点 上位51.7% 155~204番
一問目の投資論は平均を大きく上回れました。正直、これだけで充分です。

改めてスケジュールを見直していると相当頑張らないと計画通りに進まないことに気付きました。優先順位、経済学、商法(短答)、経営はまず上位50%を取るを念頭に3月中盤までは頑張ってみます。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2005

孫子の兵法

ステップ簿記応用⑫を受けました。78点でした。連結F/Sと連結CFを問う問題。論点的には基礎的なものばかりだったのですが、効率的にやらないと時間切れという問題です。しかも、連結CFのところには単に足すだけ!?まさかこんなところに配点たくさんあっていいのか?という箇所もありました。ボクも結局、時間足りませんでした。なので商品にかかるCFのところはできませんでした。連結F/Sのところはほぼオッケー。口惜しいミスは以下のとおりです。
減価償却の相殺仕訳でなぜか、引かず足してしまった。これは問題用紙に記入せず、頭の中でやったためです。次からはちゃんと仕訳きった段階で問題用紙に記入します。
連首を解答用紙に埋めず。下書き用紙のT勘定を集計して記入していれば点が来ていました。まだまだ点を取る貪欲さというか嗅覚が欠けているんですよね。あと一分あるなら、他の手つけていない問題見るより、連首取りに行ったほうが点が来る確率高いですもんね。通常は合わないときの方が多いけど。ただ、久しぶりにステップで上位50%以内には確実に入れそうです。久々に。大部分の論点は頭に入れましたから、あとは結果出すだけです。もう知らないだの言い訳は出来ないし、何の意味もないし。

またまた飯田橋、大勝軒へ行って来てしまいました。やっぱり、ここのつけめんうまいっすよ。なんだかんだで気分が良かったのでもりちゃーしゅう950円を頼んでしまいましたが。ちゃんと完食してきました。

ついでに、また久々に本に啓蒙でもされるかと思い、書店でぶらぶらしていました。この時間、ボクはすごく貴重だと思っています。ボクが言うのも何ですが、何だかブログ本が氾濫しているなーというのが実感でした。

購入した本
○幸福な王子 
ずーっと前から気になっていた本です。劇作家オスカーワイルドによる童話全集です。
○わかる、使える孫子の兵法
孫子の兵法も前から結構、興味がありました。絶対に経営戦略の、組織におけるリーダーシップの、そして人生のヒントになるはずだ!!と思っています。まださーっとしか読んでませんが。
○スピード人脈術
ついにオレも中谷彰宏本に手を出したか。というのが率直な感想です。これも得るものが結構多そうです。
○斉藤一人の不思議な魅力論
だいたい、内容は予想つくのですが、もう一度、再確認し、今まで以上にツキまくってやるかーと思ったもので。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »