« やり込み | Main | 商法短答あと少し »

March 27, 2005

短答直対①

うーん、過去最悪でした。
簿記2問(5問しか解けず2問正解、勘はゼロ)
財表5問
原計2問(6問解いて2問、勘はゼロ)
監査7問(8問解いて7問、勘はゼロ)
商法7問
合計23問

簿記と原計が全くでした。その前に反省しなきゃいけないのはホント、アホなミスを3問したことです。簿記2問目で売上純額とあれだけ頭に入れておいたはずなのに、答えを算定するときにはいつの間にか売上総額を算定するんだろ?って頭になっていました。もう一度、確認すべきでした。ただでさえ、点が取れていないのにこれは痛いです。
原計で資本回転差異と営業利益率差異はちゃんと出たのになぜか違った答えに○をつけていました。去年の短答本試験の悪夢が思い出されます。これに気付いたときはさすがに気力が失せました。情けなすぎて。
商法で正しいものを選べなのに、誤ったものをピックアップして四つの肢を見た段階で答えてしまいました。4つの肢の正誤はあっていたので、当然正解するわけはありません。これをやっちゃ、また去年の二の舞だなあ。答えに○をつけるとき、10秒考えることを義務付けて次の答練を受けます。

確かに、ボクにとっては今回の簿記も原計もすごくハードでした。10問以上も目を通せない問題がありました。一個もまぐれ当たりがありませんでしたが、当たって少しはマシな点数になったとしても意味が全くないのでこれはこれでいいのですが、でも点が取れなさすぎです。財表はともかく、簿記、原計がひどすぎです。

ちなみに、こないだ受けたタックの直前答練①は

簿記7問(7問解いて6問、まぐれ1問)
財表7問
原計5問(7問解いて5問、まぐれ0問)
監査6問(9問解いて5問、まぐれで1問)
商法8問(9問解いて8問、まぐで0問)
合計33問

簿記はそこそこ納得いく出来だっただけに(ここでも、車両の購入代価求められているのに、取得原価を答えるというミスを犯しましたが)今回は非常にきつかったです。多少、解きにくい問題もあり、一問当たりにかかる時間も明らかに多かったです。なぜなら、大原の答練は自分が出した答えがない場合がすごく多いからです。なかなか次の問題にすんなり行くほど勇気がなくて一問にかなりの時間を取られます。まだまだ実力不足ってことでしょうね。今日はさすがにあまり気合はいらなかったので早々帰ってきました。今日は旨いもの食って、明日から仕切りなおしでがんばります。

|

« やり込み | Main | 商法短答あと少し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/3460246

Listed below are links to weblogs that reference 短答直対①:

« やり込み | Main | 商法短答あと少し »