« 短答直対① | Main | 熟成光麺全部のせ »

March 28, 2005

商法短答あと少し

今日は自習デイでした。
簿記応用答練③連結を解きました。やっぱ時間的にかなりキツかったです。ミスも結構しました。

○持分法の連調で20年償却とあるのになぜか10年でやっていた。
○前期以前に自己株取得による持分の増加に伴う事実をクイックに反映していなかった。
○利益による資本組入れで組み入れ以降の年度において適正な処理をクイックに反映していなかった。あれだけ、問題用紙に注意せねばと書いていたのに、クイックを書くときには忘れていました。慌てすぎですね。
○受手を求められているのに、売掛金の相殺消去仕訳も含めて集計した。

ただ、一回目は全然でしたが、多少、内容を分かった時点で解いてみるとまたいくつかの発見がありました。
自己株式が連結B/S上は親会社だけのものとなる流れや、持分法適用会社の株式を売却したときの個別B/Sの金額から連結B/Sの金額に至るまでの過程とか。
まだ努力が足りません。連結もやり込みをしていかなければ。

原計計算答連③設備投資をやりました。応用答連やステップに比べれば楽な問題なのですが、設備投資の意思決定の論点での年々のCFの算定は何となく見えてきました。今後は自信を持って解いていけそうです。超ハイレベルな問題は無理でしょうが。

夕方以降はずっと短答商法をやっていました。やっと機関は終了、但し、肢別はまだ。加えて商行為、総則に突入しました。結構進みました。運送営業、旅客営業、寄託を残すのみです。明日じゅうには片付けます。これで、商法はやっと一回転できるのでもういわゆる一問目(41問)の問題が出来ないというのは言い訳になりません。残りの短答答練は平均で9問、守って8問を目指します。まだ、財表、監査は全く手着けていないのでさすがに少々焦ってきていますが。答練でも財表、監査はボロが出始めてきていますので。

|

« 短答直対① | Main | 熟成光麺全部のせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/3476400

Listed below are links to weblogs that reference 商法短答あと少し:

« 短答直対① | Main | 熟成光麺全部のせ »