« あとは自習の日々 | Main | 有終の美は本試験で »

May 13, 2005

そろそろ原典へ。

今日も簿、原やって理論は二科目を集中するというスタンスは変えませんでした。
簿記は直対①を一時間で解いていたんですが6問やって3問しか解けず。一回目も多分5、6問しか解いていなかったので4、5問のうち解かずじまいの問題はいくつかあって今回はそれに挑戦してみましたが全滅でした。受託販売が解けなかった。ひっかけにかかったんですけどね。連結も解いてみましたが、これもひっかけにかかりました。返品調整引当金の問題は何となく、一回目は合っていて一応復習したはずですが、まんまと論点を忘れていました。返品調整引当金戻入は売上総利益の調整してもよいのですね。特別利益以外でも。ちゅうことは貸し引きの差額補充法的な処理は売上割戻引当金では不可ということなるんでしょうか。デリバティブ関連が多かったこの問題、もう一度復習せねば。特に今日解かなかった問題は。自分がイヤーと感じている問題なので。
原計は早い段階で苦手意識を自覚していたので復習もそこそこやっていました。なので、8問解いて7問正解。ほとんど答え覚えてる問題もありました。でも自信つける意味では悪くないことだと思っています。原計も直近の短答答練では足をひっぱる科目には全くならなかったので計画通りですが、本番ではちゃんと差をつけられるようにあと少しがんばります。論文にもつながりますしね。

商法の短答答練やっと全部目を通しました。監査もほぼ終わり。財表はもうちょっと。肢別をやるのもいいですが、ボクはこないだの短答山あてでも講師の先生がおっしゃっていたとおり、原典の読み込みに以降する予定です。そっちの方が効果的だと思っています。肢別は寝る前に間違え度がひどい肢をチェックするくらいですかね。肢別ってそれだけやれば合格できるものではなくて、こいつをきっかけに幅広く網羅的に原典に目を通すための手段だと思っています。必要なコメント、大事な事項は全て原典に織り込み済みなのであとはこれをきっちり暗記するだけです。ただ、問題を解くということに慣れておくのも充分大切ですが。

商法はそろそろ仕上がりそうです。過去最高の準備で本試験に臨めそうです。あとは凡ミス、先入観をもたないことに注意を払わなければいけないと思っています。

|

« あとは自習の日々 | Main | 有終の美は本試験で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/4113710

Listed below are links to weblogs that reference そろそろ原典へ。:

« あとは自習の日々 | Main | 有終の美は本試験で »