« 公認会計士法 | Main | 予定通り »

May 17, 2005

アスクルウェットタオル

簿、原、財、商をやりました。簿、原は大原の問題は解き終えました。捨て問はまだ残っています。それをラスト一週間で潰します。明日からはTACの問題に移行します。今日は公開模試②を解いていたのですが、簿記はまずまずとして原計で凡ミス2つをしてしまいました。セールスミックス差異(初見では解けた問題)A、B、C製品のうち、B製品だけ+、-差異を逆にしていました。ちゃんと答えがあることが恐ろしいですが。これはやってはいけませんね。あとは問題の見落とし。連産品A、Bを追加加工するか中間製品のまま売却するかの意思決定の問題で、何度やっても答えがありませんでした。理由は問われているのがAの意思決定だったからです。A、B合計で考えていました。何を問われているのかを誤るのは絶対避けなければいけませんね。重大な反省材料でした。何度もやっているミスです。本番ではどうせ焦るに決まっているので、それだからこそ、このことは頭の中に叩き込んでおかねば。

商法はだいたい完成してきました。商行為、総則も回転させることで血となり肉となっている気がします。
財表は相変わらず。でも、大原の答練、特に直対期、難しすぎですよねえ。等規則、ガイドラインばっかからだし。センスの有無が点に直結しているなあとやっと、短答答練を復習し始めて気付きました。

前からずーっと欲しかったもの、それがアスクルウェットタオル。前の前の職場でも、前の職場でも使用していて便利だなーと思っていたのですが、どこの薬局へ行っても、文房具屋へ行っても類似品がないので諦めていましたが、アスクルの代理店び文房具店に取り寄せてもらって購入しました。これはすごい。汚れが落ちる落ちる。ボクにとって何より嬉しかったのは、中古スニーカーの汚れがみるみるうちに落ちたことでした。これでボクが所有する高価品のレアスニーカーが少なからず生き返りました。
P1000135
これがボクがもっともカッコいいと思うスニーカー、エアジョーダン6カーマイン×白です。

|

« 公認会計士法 | Main | 予定通り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/4171806

Listed below are links to weblogs that reference アスクルウェットタオル:

« 公認会計士法 | Main | 予定通り »