« 夢が運命を変える | Main | アスクルウェットタオル »

May 16, 2005

公認会計士法

今日は監査短答パーフェクトをビデオ補講しました。一回目はTAC全答練で受けられず、二回目は一回目受けてないのでまとめてビデオ補講しようと思っていて受けていませんでした。1.5倍速で視聴すれば1コマで2講座視聴できました。やっぱ公認会計士法は重要なんでしょうね。実施論や報告論は過去の蓄積があるので何とかなる場合があったりするけど、今まで手つかずのところは知らなきゃ手も足もでませんからね。そういう意味では今日受けておいてよかったです。テキストの巻末に肢別の問題のあることもしりませんでした。特に公認会計士法編は3回転させるつもりです。どうしても監査は8問以上は確保したいところです。

あとは簿、原、財の短答問題をやっていました。一番へコんだのが、簿記公開模試①の1問目、小口現金の問題の答えが出なくて20分以上かかったこと。原因は夜間金庫。初見では何の気にも留めずやっていましたが、今日はてっきり、会社の金庫だと勘違いしていました。時間外預け入れの論点ですよね。これに気付くまでものすごい時間がかかってしまった。次の問題に行こうとしたのですが、如何せん、一回目解けている問題だったので引くに引けない状況でした。本試験では飛ばして、他の問題を解き終わってから戻らなきゃな、と頭の中では分かっているのですが、本番で本当にそう手を動かすことができるか、少しばかり不安になりました。時間はかかりましたが、解いた7問は全て正解なので復習はうまくいっているのですが、単なる凡ミスよりも1問にハマッてしまうことは他の問題、あるいは他の科目にまで派生するので1問のおかげで泣く場合も考えられます。これは気をつけねばなりませんね。
原計も回転率を上げることで苦手意識はほとんどなくなってきました。これは論文にもつながることなのでこのペースで頑張っていきます。間違いは原価計算基準の問題だけでした。

あと、いまいちしっくりこないのが財表です。少しばかり、こいつに集中投下しておかなければなりませんね。何せ、自信を持って本試験に臨むことが何より重要ですからね。

予定にプラスでCPA法の肢別入ったおかげで、もうちょっと勉強時間増やさないと。しょうがない。一時間半早く勉強開始するか。まずは残り2週間の辛抱だから。

|

« 夢が運命を変える | Main | アスクルウェットタオル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/4157096

Listed below are links to weblogs that reference 公認会計士法:

« 夢が運命を変える | Main | アスクルウェットタオル »