« 短文 | Main | 48点が限界 »

May 06, 2005

大久保キャンパスへ

まずは原計直対③一問目計算45/80、二問目70/80、理論は40点中10~15くらいかな。論点外した解答もありました。でも、一応全部埋めました。今回は理論の比率は低かったですけど。
またまた標準が出来ませんでした。一問目の点数が悪いのは標準が計算45点中20点しか取れなかったため。その他は大体8割くらいとれていただけにまた標準で足をひっぱりました。
標準は度外視法の問題でした。まず、非度外視法でやていたボクは問題外なのですが、仮に度外視だと分かったとしても、しっくりこなかったので明日復習します。
あとは明らかに戦略ミスがありました。それは出来もしない標準に時間をかけすぎたこと、おかげで最後に解くことにした2-1の直接原計の勘定記入法の問題に20分しかかけれなかった。やっていくウチに、ヤバイ、これはものすごい簡単な問題だった、解答量に多さにだまされた、時間足りなかったらどうしよう、急げー、という思いでした。幸い、致命的な失点になりませんでしたが、残り5分をこの問題に回せていたら、あと10点はプラスできたはずです。大いに反省でした。

その後、今日は短答試験会場でもある早稲田大久保キャンパスへ下見に行ってきました。行ってよかった。迷ってしまいました。戸山公園を行ったり来たりしてました。何ゆえにゾウ、ライオン、トラ、キリンさん?謎は多い公園でした。一応、トイレの位置とキレイかどうかだけは確認してきました。試験の案内にあった52号館101って結構狭いですね。机はボクが大原公開模試②を早稲田で受けたときと同じタイプでした。理工学部だけに文系のボクには見たことも無いような設備がいっぱいでした。大久保キャンパスはいつ出来たのかは知りませんが、白を基調とし、随所に訳の分からないデザインのある建物は当時としては画期的だったのかなーと思っていました。あと1回くらいは行くかもしれませんね。らーめん食べに行くついでに

P1000131早稲田の帰りに高田馬場へ寄りました。目的はむしろこっちでした。「べんてん」というらーめん屋です。らーめんの激戦区である馬場でも一、二を争う行列店、雨が降っているにも関わらず40~50分待ちました。注文したのは、つけちゃーしゅう、味玉、あつもり1050円でした。サービス満点はいいのですが、きざみチャーシュー多すぎ(写真をご覧頂ければ一目瞭然、この下にもどっさり)、麺も多いのですが、チャーシュウと味玉は全部食べられませんでした。久々に行ったのですが、ボクの中ではつけめん分野の堂々1位はこの「べんてん」でした。でも、チャーシュウが多すぎて、あんまスープの味はしなかったなあ。こんどは普通につけめんにしてみます。だったら、完食できそうなので。今度、大久保キャンパスに行ったときは「俺の空」に行ってきます。まだいったことがないので。ここもかなり並ぶらしいです。


|

« 短文 | Main | 48点が限界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/4014746

Listed below are links to weblogs that reference 大久保キャンパスへ:

« 短文 | Main | 48点が限界 »