« 租税法って?? | Main | とりあえず、こんなもんか。 »

June 09, 2005

来年の短答

今日はステップ原計直対⑥でした。
結果は「続きを読む」にあります。

来年の短答、管理会計、監査、企業法は90分で20問が予定されていますが、監査、企業法90分の20問ってどんな問題なんでしょうね。管理会計は何となく違和感はないのですが、監査、企業法はものすごく違和感ありますよね。問題形式が変わるのでしょうか?現行の形式だと1肢がすごく長くなるのかな。次は短答絶対負けられないので、委員会報告書等、六法等の読み込みは早めにはじめますよ。あとは軽視してきた短答答練とりあえず成績優秀者目指してがんばります。当然、原因分析もしっかりしていきます。

ステップ原計⑥ 標準原計(累加法、非累加法) ライフサイクルコスティングから

計算 35/70点 理論 0/30点

惨敗です。。
最大の敗因は第一工程の標準投入量の算定ができなかったことにあります。知識がいい加減だった。以前、一つの工程が3つの作業区分に分かれていた問題がありました。第3作業区分から計算していき、第3作業区分の標準投入量を第2作業区分の完成品とするように。なので、今回においても第2工程の標準投入量をそのまま第1工程の完成量としてしまい、それを元に第1工程の標準投入量を計算してしまった。
標準投入量は差異分析している過程でだいたい、合っているかどうか分かってしまいます。なぜなら違っている場合は標準投入量と実際投入量の差異が大きすぎるから。今回はそのパターンでした。合っている気がしませんでした。実際違っていましたが。第一工程の標準投入量はあくまで実際完成量を元に計算すること、これを頭に叩き込んでおきます。結局、第1工程実際完成量と第2工程標準投入量の差異は数量差異として把握すればいいだけですから。

これに時間をくわれ、製造間接費の計算に時間を取れず、理論も書けず、散々でした。
ボクが最初に掲げた目標、それは簿記の制覇と原計は標準で誰にも負けないことでした。でも、標準は連敗が続いています。当然、予備校も同じ問題を出したのでは芸がないから、ひねってくるのは分かりますが、いい加減対処できなきゃいかんです。もう一度、標準は基礎から叩き直しです。

明日は原計直対④です。今日の点数はある意味仕方ありません。点取りに行くより計算できるかを重視していたので。でも直対は2時間答練、点を取るための戦略を研く格好の練習です。なので明日は点を取ることに命を賭けます。取る問題と捨てる問題の取捨選択、これが一番出来ていない。理論も重視して穴は作らないようにします。


|

« 租税法って?? | Main | とりあえず、こんなもんか。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/4488701

Listed below are links to weblogs that reference 来年の短答:

« 租税法って?? | Main | とりあえず、こんなもんか。 »