« どのプランにしようか? | Main | 梅雨はいずこへ »

June 27, 2005

国歌斉唱

最近、他国の国歌を聞くことが多いです。F1に加えて最近はバレーとコンフェデがあるからです。昨日もアルゼンチン、メキシコ戦見てました。凄まじい試合でした。バレーは昨日はブラジル戦だったので、ブラジルの国歌を聞いたのはサッカーでの日本戦、ドイツ戦に続いて3回目です。何かすごく陽気でお国柄がうまく反映されているように思えます。
国歌と言えばアメリカとかフランスが有名なのかもしれませんが、個人的にはドイツの国歌が一番好きです。ドイツはこないだF1でシューマッハが勝った時とサッカーのブラジル戦で聞きました。

今日は簿記直対⑥でした。

結果は以下の「続きを読む」にあります。

簿記直対⑥

一問目 逆進   一次56点 二次76点  二次を何とか突破しました。

でも今までの二次目標よりも設定が甘めなような。。


絶対間違えってはいけないミス
○一年内償還予定の有価証券を投有に含めた
○荷為替手形の割引料を支払い手数料に含めた
○前期末の買掛の推定で、見渡小切手30,000円をT字勘定に含めず。。単にいつもの勢いで全TBに加算したのみ。

できれば取りたかったところ
○保証債務が何を対象に設定されるかが明確ではありませんでした。時間もなかったですし。後TB見れば分からなくても容易に裏手から構成させていることは予測できたのですが、まーしょうがないっす。


二問目 本支店  一次44点 二次64点  無念、一次に届かず。。

ボクにとっては難しすぎ。満点取れるまで復習しましたがものすごい時間がかかりました。でも、こういう問題がキチッとできるということは本試験でも強いだろうし真の簿記の力がある証拠なんでしょうね。問題の構造すら完璧に理解できませんでした。あと10分あってもおそらく無理だったでしょう。

絶対間違えてはいけなかったミス
○一年内償還予定の有価証券を投有に含めた 一問目に続き2回目です
○有価証券運用益に有価証券売却益を含めず

構造を把握できなかった箇所
○本店から仕入れた商品を外部に販売すると同時に割賦販売も行っている場合、帳簿上の繰延割賦売上利益がどこまでの利益を含むかについて、合併PL上との違いについて
○帳簿上の棚減と合併PL上の棚減について
○帳簿上の商品低価評価損と合併PL上の商品低価評価損について、帳簿上の低価評価損の修正は総合損益勘定の内部利益戻出しで調整すること。


全体的な反省
一問目は50分で切り上げる予定でしたが、到底ムリでした。そんな勇気がありませんでした。残された問題見捨てて次に行くことは。。。それにそんな難易度が高いとは思わなかったし。
65分経過して二問目へ行きました。個別を先に片付けました。一瞬、商品は簡単なのかなーと思っていましたがとんでもありませんでした。商品は口惜しいけどさっさと捨てて残りの10分で一問目に戻って残った問題を解きました。でも、予定よりちょっと時間オーバーしましたが、この判断でよかったのだと思っています。


|

« どのプランにしようか? | Main | 梅雨はいずこへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/4734483

Listed below are links to weblogs that reference 国歌斉唱:

« どのプランにしようか? | Main | 梅雨はいずこへ »