« 論点の網羅性 | Main | 見誤ってはいけないワード »

June 15, 2005

一年振りに

ダビスタ04をちょこっとやりました。
去年セーブした続きから開始したのですが、ぜーんぜん強い馬がいませんでした。G1出走がやっとでした。かあちゃんは結構強かったはずなのになあ。面倒くさいので普通に進めて(当然おまかせ厩舎です)、1頭ダービーに出た馬がいたんですが、出走馬の実力にちょっと不信感あり。シンボリクリスエスががちがちの一番人気、その他タニノギムレット、スペシャルウィーク、メジロブライト、サニーブライアン等、かなりの実力馬がそろったのですが、スペシャルウィークの印も薄いし、レースでも全くの見せ場なし、シンボリの圧勝、タニノギムレットが猛烈に追い込む形でした。しかも武豊はタニノギムレットに騎乗しているし。うーん、こんなもんなんかなあ。異世代を比較するのは極めて困難ですが、サイレンススズカ、グラスワンダー、エルコンドルパサー、スペシャルウィーク、セイウンスカイの世代に競馬にもっとも興奮を覚えた自分としてはちょっとだけ納得がいきませんでした。


さて、今日は監査直対③でした。監査も久々の二時間答練でした。

結果は以下の「続きを読む」にあります。

監査直対③

間違ったところ、書けなかったところをピックアップします。

問1
連結の監査の方が個別の監査より判断基準が広いという観点に触れず。GAAPを基準とするのみ書きました。二行余りました。。。

問3
論点ははずしてないと思うのですが、意見の対象となる範囲の相違と重要性の判断基準の次元が相違することを明確に書かず。高得点は無理でしょう。

問5 
他の監査人については全くの準備不足・・・記憶が曖昧なまま、勢いで他の監査人の信頼性の検討の論点を書きました。0点

問6
おおまかには合っていますが、しっかり暗記していたわけではないので穴がちらほら

問7
他の監査人が不適正意見を表明したF/Sが修正されていた場合の観点に触れませんでした。

問8
原則は主たる監査人が全て企業集団の監査を行うものであるというニュアンスが表現できていません。

---------------------------------------------------

問題1

問2
「追加情報として」を指摘せず。

問3
記憶があやふや ちゃんと書けたのは利益操作を目的としないと、取引をより適切に開示するということのみ。

問題2

問1 
適正意見の前に「無限定」をつけず 4点マイナス
限定付適正意見で「除外事項を付した」をつけず  2点マイナス

問2
追記情報についての効果について経営者にとっての効果を間違えました。

問題3

問1
商法監査なのに変更の相当性ではなく正当性と書いてしまった。
重要な会計方針の変更についてと問題に指示があるのに重要性がない場合にまで触れてしまった。

問2
変更の理由の注記は附属明細書に記載されるのに営業報告書に記載されると書いてしまった。


完璧に書けたところはほとんどありません。やはり監査も網羅性ですね。来年考えたらなおさら、まだ時間があるわけですから。内部統制、リスクアプローチ、監査計画、GC、不正誤謬とかは何とか書けるけど他の監査人とか専門家の業務とかほとんど暗記していませんから、今のうちにカバーしておきます。

|

« 論点の網羅性 | Main | 見誤ってはいけないワード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72282/4568539

Listed below are links to weblogs that reference 一年振りに:

« 論点の網羅性 | Main | 見誤ってはいけないワード »