« August 2005 | Main | October 2005 »

September 25, 2005

ディープインパクト登場

明日は神戸新聞杯で2冠馬ディープインパクト登場です。前売りオッズだと単勝1.0倍でした。ちなみに1.0倍というのは100円かけて100円、1億かけても1億しかもらえません。つまり利益なしです。
これって一体何を意味しているのでしょう。それだけ絶対的な人気を集めていることは間違いないのですが、合理的な投資家ならこれは馬鹿げた賭けであることが容易に分かるはずです。

ディープインパクトの単勝にどれだけのお金がつぎ込まれているのかはわからないのであくまで憶測ですが、合理的な投資家は単勝狙いよりもディープインパクトから馬単や3連単を狙いに行くはずなので、ノイズトレーダーが多数存在するのかもしれません。記念に単勝馬券100円を買う人も多いのかも知れません。

このオッズを見ると明日の最終オッズは多分1.1倍にまで下がると思っています。ナリタブライアンの世代のライバル馬もそうでしたが、特に今年の三歳は他のメンツ達の実力に疑問もあるのでひょっとしたら1.0倍のままになるのかもしれませんね。

実際にお金を投資するかどうかは明日のスポーツ新聞を見て決めようと思いますが、ボクはディープインパクトはバッサリ斬ります。多分、ディープインパクトをはずすだけでほとんどの馬券が万馬券になるはずです。当たるか当たらないかは別としてどう考えてもこのオッズは効率的市場が反映されたものでないと思ってます。なので、ディープインパクトを斬ることによる配当の方がはるかにおいしいと思っています。
さて、どうなることやら。

| | Comments (98) | TrackBack (0)

September 24, 2005

心地よい疲労

数年ぶりにサッカー(フットサル)をしてきました。二時間場所を借りてゲームをしました。時系列の感想は以下の通りです。

アーリーステージ(スタート~30分間)
久々のサッカーで張り切る。開始1分くらいで先制ゴールを決めました。まだ身体が動くし楽しい段階。

ミドルステージ(30分~1時間30分)
疲労で身体が動かない。足が棒のようになりました。特に休憩終了直後の試合開始2分間は顕著でした。ただ、足が動かなくても無理して動かしているうちに自然に足が動くようになってきました。

ファイナルステージ(1時間30分~ラスト)
一時間半の中でなまっていた身体が多少は修正されたみたいです。身体がミドルステージの時よりはむしろ動くようになりました。身体が動くようになるとゲームが格段に楽しくなります。

フットサル後、メンバーとお酒を飲んできました。スポーツの後のお酒は格段にうまいもんです。それにボクが今まで話をしたことがなかった方も多数いたのでとても有意義な場でした。ビールをかなり飲みました。大ジョッキ3杯、中ジョッキ3杯飲みました。ビールでは絶対に酔わない、と思っていたボクもさすがにしらふの思考回路は保てませんでした。でも、ビールは日本酒と違って、どれだけ飲んでも次の日に引きずらないもんですね。今日一日を酒のせいでムダにしてしまうことはなかったので良かったです。

しかし、次の日に引きずったものがあります。それは極度の筋肉痛。身体のいたるところが思うように動きません。脚のみならず、腹筋やら腕やら背中まで。日常生活に多少の支障はありますが心地よい疲労です。三連休でよかったです。今日、仕事だったならスピーディーな行動はできない可能性があったので。

| | Comments (125) | TrackBack (1)

September 19, 2005

ラー、簿、原、租、監、企

P1000215麺屋武蔵へ行ってきました。武蔵に行くとほとんどちゃーしゅう麺あっさりしか食べないのですが、久々期間限定らーめんを食べました。以前食べた期間限定らーめんが牛そば(冬の限定でした)を食べたきりです。今は夏季限定ということで柚子味噌冷やしつけめん780円でした。武蔵と言えばやはり柚子の香り、それがうまく使われていました。値段も手頃でしたし、味もまあまあでした。もう1回食べるかどうかといえば。。多分ちゃーしゅう麺あっさりを食べると思います。

三連休と言う事でちょっとだけ勉強ができました。

簿記、原計の論点整理。

租税法(減価償却関連、繰延資産、寄付金、交際費)に目を通しました。いまだに税理士試験の勉強しているにすぎないのですが、これは計算科目というよりやっぱり暗記科目ですね。会計士試験の問題を見ていないので会計士試験について正確なことは言えませんが、税金の計算である以上大枠は変わりようがないと思っています。10月から会計士試験のテキストで勉強するつもりです。答練も解いていきます。

内部統制(公開草案)について目を通しました。ボクの勝手な感想ですが、なんでこの監査基準が設定されようとしているのか?全体像は何なのか?米国版SOX法との違いはどこにあるのか?それだけが分かれば細かい文言は後回しなんだと思っています。そもそも公開草案の段階ですし、多少なりとも変更があるに決まっているし、目処として2008年3月決算期からの導入が予定されている関係上、基本案が確定するのはもう少し後になるのかもしれませんので、これは予備校に任せておくのが得策だと思っています。
ただ、方向性は変わりようがないので概要は抑えておかないといけないし、米国版との違い、日本特有の方向性は論文で問われる気がプンプンします。例えばダイレクトリポーティングの有無や罰則規定の有無や「資産の保全」の追加等ですかね。

会社法についても目を通しました。会社法の概要と設立関係について。これもボクの勝手な感想なんですが、特に短答は旧商法と新会社法で変わった箇所が大部分問われるんだと思っています。
役員の選解任決議についての要件が多少変わっているし、発起設立の手続きが全般的にけっこう変わっているし(保管証明の不要や責任の一部緩和等)、変態設立事項についての検査役の調査不要の要件もちょっとだけ変わっているし。市販の解説書(これ以外買うつもりはありませんが)に旧商法との変更点を目立つようにしておくことにしています。試験前にこれを見返すことでかなり効果があると勝手に思っています。

| | Comments (67) | TrackBack (0)

September 15, 2005

デザインへの対価

P1000218昨日発売のゲームボーイミクロ ファミコンカラーを購入しました。ソフトはお約束でスーパーマリオにしました。実物は見た目以上に小さい、それが実感です。こんなちっこい画面で大丈夫か?と思いながらも実際、携帯電話のちっこい画面を見ない日はない現代の人間にとてはさほど違和感はありません。昔はらくらくクリアーできたものなのに1-2から4-1へワープしたはいいものの4-3で全滅しました。昔のゲーム特有の死んだら最初からやり直しのルールはこたえます。

昔はゲームやりまくりの人間でしたが最近はそうではありません。八月に買ったウイイレも今ではほとんどやっていません。ゲームボーイミクロも多分それほどハマることはないのだと思います。但し、これは絶対買わねばならないと常々思っていました。それはデザインにサプライズを受けたから。
ボクにとって機能なんてさほど問題ではありません。性能が同じならむしろ画面が大きいゲームボーイアドバンスを選択しているはずです。でも、アドバンスにこのデザインは存在しません。支払い額約12,000円のうち、八割はデザインに対する支出だと思っています。

自分がいいと思ったものには惜しみなくお金を支払うことが出来る、そういう生活を送り続けたいものです。

| | Comments (111) | TrackBack (0)

September 12, 2005

機会損失と時間ロスの排除

P1000214はやし屋というらーめん屋へ行きました。数年前はよく行っていたものですが久々でした。八割のお客さんはつけ麺を注文していると思います。もっと多いかな。ボクも例外ではなく何度もこの店に来ましたがいまだに普通のらーめんを食べたことがありません。
つけ麺と言えば大抵のお店は甘辛の濃い目のスープというイメージがありますが、このお店は魚介系の強さと甘さがほとんどないスープです。初めてこのつけ麺を食べたとき、今まで食べたことのないスープですごく新鮮でした。麺の量は多めです。少なめで注文するとそれと引き換えに煮玉子かめんまをサービスしてくれます。

この週末で大量の書籍を買ってきました。気になるものを片っ端に。一見ムダのように思えても気になるものはなるべく買ってしまうことにしています。
あー、あの時買っておけばよかった、という機会損失を作りたくないのと頻繁に書店に通うのもいいにはいいのですが、多くの時間を書店に費やしている時間はないからです。

ボクの大好物の一つにアイスがあります。冷蔵庫には常にお気に入りのアイスがストックされています。今日、セブンにふと立ち寄るとエスキモーの「チェリオ アーモンド味」がありました。チェリオはバニラのラクトアイスがアーモンドが塗されたチョコレートでコーティングされていてそれだけでも旨いのですが、バニラのラクトアイスの中に板チョコが内包されています。最初食ったときはかなりのサプライズでした。チェリオはずっと大好物なのですが、何せ売っている店が少なすぎます。大抵自分のお気に入りのもののはすぐに店頭から消えてしまいます。多分、このチェリオも一ヶ月足らずで消えるんだと思います。なので大量に購入しておきました。

九月に入ってからほとんど受験勉強が出来ていません。ただ、九月は他の勉強をしたいというのが本音です。ただ、短答答練で遅れを取りたくないので、原計、監査、会社法は時間を見つけてやらないとな。原計はなるべく論点のノートを見返すのみに努め問題は解きません。監査はまずはテキスト。内部統制関連は予備校でどんな指示がなされているのか不明ですが、入手した「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準(公開草案)」についての読み込みのみ。会社法はテキストが無いので、「経営財務」の会社法関連を片っ端から読み込むことと、市販の太田達也氏の会社法の書籍を読む。出来れば対応条文にも目を通す。さらに休日でまとまった時間が取れるようであれば租税法(税理士試験の法人税)の問題を解く。これが出来れば万々歳です。毎回同じことを言っているようですが再確認と意識の高揚の意味も含めて再度記載しました。九月はこれ以外はやりません。

| | Comments (73) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »