« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

ダメダメな休日

まさにダメダメな休日でした。
今日も仕事をしていたんですが当初は夕方に帰る予定でした。夕方に帰れば先週クリーニングに出しておいたワイシャツを取りにいけるし、在庫が無くなってしまったトイレットペーパーを買いにいけるし、先週払い忘れた新聞代を払うことが出来るし、部屋も片付けることができるし。
しかし、帰ってきたのは終電一本前の電車でした。結局、上記何一つすることができませんでした。明日着ていくシャツがない。困ったもんです。トイレットペーパーも無い。これも困る。しょうがないのでコンビニで生まれて初めてトイレットペーパーを買いました。4ロールで280円。いつも薬局で買っている相場の約2倍。まあ、こんなもんか。

10月はほんと忙しかった。ひょっとしたら史上最高の忙しさだったかもしれません。来週はきちんと休日をとりたいものです。受験勉強もやる気まんまんなので。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

October 30, 2005

土日出勤

となりそうです。今週も。今日もギリギリまで仕事してました。
来週を乗り越えれば多少はスケジュールに余裕が出そうですが実際はどうなるかは分かりません。一応、来週までのとあるプロジェクトが終了したら代休を取りたいものです。受験勉強については溜まっている部分を必死でやらなきゃいけないし、映画「春の雪」も観にいきたいですしね。
そういえばそろそろTACの短答答練始まるんでしたっけ??
短答だけは成績優秀者に名前を乗せられるくらい飛ばさなきゃな、と3ヶ月前までは心に誓っていたものですが、誠に情けない。正直何もやっていません。。。でも、実際に短答答練はどんな出題傾向になるんでしょうね?ものすごく興味深いです。

| | Comments (136) | TrackBack (0)

October 29, 2005

やっとこさ

予備校、コースを決定しました。

●意思決定のポイント

ポイント①
単科を積む重ねるのか、パックにするのか

結局パックにしました。一応、必要な単科(管理会計、監査、企業法の講義と短答答練、簿記ステップORアクセス)を積み重ねても結構な金額になりました。それに統計学も一応はかじりたいのでこれを含めるとほとんどパックと変わりません。何か予備校の思うツボのように思わないでもないけどしょうがありません。

ポイント②
予備校をどこにするのか

過去の経験からTACと大原しか詳細は知りません。但し、ただでさえ時間がないので他の予備校の情報を今更手に入れる事は考えませんでした。
噂では大原の租税法のコマ数が多いとか、証取法何で10コマもあんの?って思ったりもしましたが、まあDVDだからコマ数は早回しすればいいし、証取法10コマは望むところです。実務で少しは役に立ちそうだからです。さらにやはりいろんな単科をカスタマイズできるフリープランは魅力的だと思います。短答会計学免除のボクにとってはわざわざこの科目取らずに他の科目に充当することができますし。そして何より奨学生として学費が大幅に免除してくれるのも大きいです。正直TACとは割引率が雲泥の差だと思います。

ポイント③
どの単科を取るか

無謀だと思ってくれるならそれで結構。フリープラン200のうちに経営学の他に何と統計学と民法を詰め込みました。
直前期の答練は極力外しました。というよりこれを入れたら統計学、民法は入りませんでした。ということは結果的に直前答練よりも統計学、民法にプライオリティーがあることになります。
直前答練って実際どのくらいの割合の人が受けているのでしょうか?おそらく全体の半分以下だと思います。万が一短答に落ちたら多分、来年は絶対に直前答練は受けないだろうなー、仕事で既にめいっぱいなので。
実際、受けるかどうか分からないサービスに対価を払うなら、まずボクにとって実務で不可欠だと思われる統計学と民法に目を通します。書籍で対応可能と判断したならそれはその時です。
短答に晴れて合格できたときには胸をはって直前答練パックを申し込むことにします。

というわけでボクの会計士受験がまたまた始まります。

去年同様、成績は公表していくつもりです。但し、生で答練を受けないことが多いと思われるので5ポイントはディスカウントしなきゃな、と思っています。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

October 24, 2005

春の雪

今月末に映画「春の雪」が公開されます。たまたま寄ったコンビニで前売り券が1,300円で売っていたので思わず買ってしまいました。11月の頭にでも行ってこようかと思います。

「春の雪」は三島由紀夫作の「豊饒の海」四部作の第一作目で学生の時に四作全部読みました。観にいく前にささっと原作を読み返しておこうと思ってます。「豊饒の海」の四作目の「天人五衰」のラストは、は!?じゃあ、今までの話って何だったの?っていうおおげさに言えば世にも奇妙な物語っぽいものだったんですが、「春の雪」ではどういうラストが用意されているのかが一応の楽しみです。もしロードオブザリングみたいに第一作から第四作までの映画化が既に計画されているならすごいとは思いますけど・・・

ちょこちょこっと勉強時間が増えつつあります。予備校とも正式に契約を交わす予定です。今年は勉強時間は過去最低になると思います。でも、会計士試験の恐怖感や緊張感も過去最低だと思いますし、落ちたらどうしようっていう不安感も過去最低です。ノミの心臓を持つボクにとっては今年の五月の短答の緊張感はハンパじゃなかったです。加えてボクは何のために会計士になるのかという命題に対する明確?!な応えもあります。
さてさてどうなりますやら。


| | Comments (29) | TrackBack (2)

October 23, 2005

菊花賞と日本シリーズ

結局、菊花賞に1200円だけ投資しました。1着⑦を固定して、①②⑤⑥の変則3連単ボックス。解答は⑦-⑥-④でしたので見事にハズれました。

レースを見て改めて強い馬だと思いました。多分並みのG1クラスの馬だったら⑥にまんまと逃げ切られるのがオチだったんじゃないかな。あれをきっちり直線のみで差し切れるんだからたいしたもんだと思いました。4コーナーあたりであの位置だったのでひょっとしたらひょっとするな、と覚悟していました。ディープインパクトをものすごく応援しているわけではないですが、⑥を差し切ったときは正直ホッとしました。無敗の三冠馬おめでとう。有馬は出るんでしょうか?ファン投票1位は間違いないとは思いますが。


去年からの日本シリーズについて思うことがあります。

たかだか二年間のサンプルしか入手していないので分析が甘いのかもしれませんが、今のシステムだとパ・リーグの2位~3位のチームが有利なんだと思います。

理由は緊張感を維持したまま次のステージに臨めるということです。パ・リーグでは2~3位のチームの勝者が1位のチームと戦うので、緊張感や士気の統一性の観点からは2~3位のチームの勝者が有利だと思います。今年のソフトバンク対ロッテはロッテがハナッから飛ばして、ソフトバンクが試合感覚に慣れて巻き返しはするけれど時すでに遅し、そういう感じがしました。さらにそこで2~3位のチームが勝利することになれば、さらに緊張感が維持され、士気も上がるのでやはりセ・リーグのチームにはハンデなのではないかと思います。それは去年の西武対中日もそうでしたし、今年の日本シリーズもしかり、なんだと思います。

やはり、上昇(常勝)気流に乗っているチームは強いはずです。特にパ・リーグの2~3位のチームが日本シリーズに上がるということは、セ・リーグのチームに比べて2チームも蹴落としてきているので勢いが違うのかもしれませんね。
何か、去年も今年も日本シリーズの流れが全く同じような感じがしましたのでちょこっと分析してみました。

| | Comments (63) | TrackBack (0)

無敗の三冠馬?

は多分間違いないと思います。もし賭けるとするなら一着固定した上での三連単。実質、馬単と同様なんですがね。オッズを見たうえで旨みがありそうなら投資してみることにします。

以前ブログでも書きましたが、単勝1.1倍なら割安だと思っています。実質は1.05倍くらいが妥当なんだと思っています。万が一負けるとするなら大逃げ馬の逃げ残りくらいだと思います。大逃げ馬がいるのかどうかも不明ですけど。
多くの名馬は卓越したスピードを持つが故に故障により引退を余儀なくされます。ディープインパクトもその可能性が多いにあると思います。でも、歴史を振り返ると故障がレースに影響したのはごくわずかなはずです。なぜならレース中に故障が発生するのはごく稀だからです。大抵はレース後に故障発生とか、厩舎で屈腱炎発症とかレース以外で故障が発生しています。
なので、やはり大逃げ馬の逃げ切りくらいしか負ける要素がないんだと思います。

首を使ったディープインパクトの走りはなかなか精悍だと思います。

あ?!それと今日のいちょうステークスを勝った2歳馬のジャリスコライトっていう馬は将来いい線いくかもしれませんね。
上がりが33秒だったらしいですよ。ジャリスコライトはボクが大好きなグラスワンダー産駒の注目馬であるマイネルスケルツィを負かした馬だったので気になっていたところでした。中一週でレースに参戦したみたいですがそれで勝つんだからすごいもんです。でも、マイネルスケルツィも頑張ってくれ!!


| | Comments (37) | TrackBack (1)

October 16, 2005

ひっかるー海2♪

いやー、忙しい一週間でした。。。
徹夜もありました。徹夜した翌日も朝の3時まで仕事していたときはさすがに死ぬかと思いました。頭はクラクラするし、吐き気はするし。4時に家につきたかだか3時間ばかりの睡眠をとっただけですがそれだけでもやはり違いますね。ちょっとだけでもちゃんと睡眠を取ると取らないかとでは。

来週からは多少!?は一段落しそうです。


久々に会計士試験ネタなんですが選択科目について考えていることがあります。それは「統計学」に手を出したいということです。但し、試験科目は間違いなく経営学を採ると思います。でも統計学の内容もかじりたいのです。
今、ボクが携わる業務のうちの一つに統計学に精通していれば大きな武器になるものがあります。
ただそれだけの理由です。

仮に手を出してこれは役にたたん、と思うのならそれはそれで撤退すればよいだけ。経済的にも多少は余裕が出てきたのでこれくらいの贅沢はできそうです。


さて、表題についてですが、NTT東日本のフレッツ光、スマップが出ているCMのあの曲の原曲がやっと分かりました。大昔のテレビアニメ、8(エイト)マンの主題歌みたいです。今年の3月くらいに元巨人の原さんの応援歌だったと記憶しているとブログに書いたことがありますが、あれは間違いではなかったみたいです。なぜなら原さんの背番号は「8」だから!!CMの曲を聴くと半年前(3月)のことを思い出します。たかだか半年前のことなのにものすごく懐かしく感じます。

スマップが歌うからなのか、CMがかっこいいからなのか、それとも元々、曲がいいからなのかは分かりませんがまたまた最近よく口ずさむようになりました♪


| | Comments (31) | TrackBack (0)

October 09, 2005

こんな大都会でも

キンモクセイが薫る季節となりました。春先のチンチョウゲの薫りもそうですが、ボクがガキの頃過ごしたド田舎の実家でもこんな大都会でも薫りに違いは全くありません。全く同じ薫りです。

キンモクセイの薫りはボクをささやかだけれど幸せな気持ちにさせるのですが、それと同時にめっきり寒さも増し条件反射的にもうすぐ年の瀬だなーと思わせる薫りでもあります。あー、今年ももうあと2ヶ月半なんですね。全く早いもんだ。
入社してはや三ヶ月が経ちますが、まさに稲妻のごときでした。特に直近一ヶ月は顕著でした。

| | Comments (104) | TrackBack (0)

October 08, 2005

爆睡

とまではいきませんが、多少の睡眠は取れそうです。明日も出社するつもりですが、朝九時までに出社する必要はないのでいつもより多くの睡眠が取れるからです。かといって夜更かししてしまっては元も子もないので早めに寝ます。

にしても勉強することが山のようにあるなー。ホント新鮮なことばかりです。
でも、税務は相変わらず放置したまま。イカンですな。

| | Comments (39) | TrackBack (0)

October 05, 2005

タクシー帰り2

今日もタクシー帰り。火曜日でこれだと先が思いやられるな。
今週から来週にかけてクソ忙しい毎日が続きそうです。自己実現の欲求を満たすため頑張るのみです。

| | Comments (77) | TrackBack (0)

October 02, 2005

月次報告

P1000220「かむくら」というらーめん屋に行きました。以前、テレビで特集されていたことがありました。関東進出を計画している模様を。食券販売所で一番人気とあった半ちゃーしゅう、煮玉子入りを頼みました。今まで食べたことのない味でした。野菜もふんだんに入っていて鍋の中に麺が入っているという感じでした。おいしいらーめんでしたが、やはりチェーン店のらーめんかな。
渋谷という場所柄もあってか、女性の店員さんはメイクがバッチリ決まっていました。でも、接客態度も抜群。これはしっかりした組織なんだと感心しました。接客態度が抜群の店に入ると気持ちよく店を後にすることができます。麺屋武蔵なんかは接客態度が抜群だと思います。

九月も終わりました。一応一ヶ月間、自分の帳簿をつけ続けた結果、自分がどこにお金をかけたのか一目瞭然となりました。
食料代(飲み代は除く)は49,571でした。らーめん代は7,848、お菓子代は6,989。意外とお菓子を買っているもんなんだなと思いました。でも、ボクにとってチョコレートは必要不可欠なものなのでしょうがないですが。

新聞図書費は47,803でした。そのうち、仕事に関する書籍代は41,116でした。こんなに買っていたのか。もちろん全部読みきっているわけではありませんが、十分満足のいく数字だと思っています。一ヶ月に買った書籍たちを振り返っても、これは明らかに不要だったなというものはないように思います。

その他、フットサル用品とかゲームボーイミクロとかいろいろ費用がかかりましたが、決してムダ使いをしたとは思っていません。

今の給料でも黒字は維持できそうですが、会計士試験講座受講料が待っているので大幅な赤字が予想されます。

来週は死ぬほど忙しくなることが予想されますが何とか乗り切りたいと思っています。三連休も待っていますしね。


| | Comments (50) | TrackBack (0)

三位一体!!

最近、痛感することがあります。それは三位一体の知識です。三位一体とは会計、法律、税務だと勝手に決め付けています。
税務を知らないばっかりに法的には何も問題がなく会計処理も適正であったとしても、課税関係で著しく不利益を受けてしまう場合があるし、税務に偏向する余り適正な会計処理が行われなかったり法的に問題があるとか、税務・会計はバッチリなんだけど、あるべき法的手続きを踏んでいないとかいろんなケースがあると思います。

ボクの場合は特に税務に関して知らないことが多いのでホント勉強しなきゃいけないなと思っています。でも、ボクが理論武装しなきゃいけない箇所は残念ながら会計士の租税法の最重要論点である法人税の計算ではなく資産税にあるのは間違いありません。相続税がそうですし、その他新株予約権や株式、自己株式に係る税金関係、さらには組織再編に係る税務もそれに充たります。

たまたま、今日ある税務の研修に参加してきました。ほとんどが税務の専門家の方たちばかりなのですが、やはり、企業会計や商法に力をいれてきているボクにとっては多少、違和感があるんですよね、考え方に。逆に税務畑の人にはボクの考え方に違和感を感じるのかもしれません。ボクの勝手な認識なんですが、それはやはり税務に偏向しすぎだったり、税務を知らなすぎだったり、三位一体的な観点からモノゴトを考えていないからなんだと思っています。でもその前には法律、会計、税務を知っていないことには始まりません。

全部をトップレベルになろうとは思いません。トップになるのは一つでいいと思っています。でも、他が皆無じゃイカン。そつなく高次元にまとめなければ。どこにどんな落とし穴があるか分からないし、付加価値のあるアドバイスなんて出来っこないとさえ思っています。
飽くなき勉強が続きます。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

October 01, 2005

タクシー帰り

仕事がどんなにかかりそうでも、終電前に帰ることは守っていたのですが、今日はついにタクシー帰りとなってしまいました。これで明日が休みならいいんですが、きっちり明日は定時出社です。
かといって必ずしもこんな生活が悪いとは思っていないんですけどね。なかなかやりがいもありますし。
でも試験勉強時間は皆無ですねー。会社法は実務で使えるように必死で勉強していますが、合格レベルに達しているかどうかは不明です。

| | Comments (167) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »